週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

Xperia 1がAndroid 10になってダークテーマが使えるようになった

2020年04月06日 10時00分更新

 この連載でレポートをしている「Xperia 1(SO-03L)」にも、Android 10のアップデートが配信されました。アップデートの手順などをレポートしようと思ったのですが、うっかり通知をタップしていたのか、気がついたらAndroid 10になっていました。

なんか違うなと思ったら、気がつかないうちにAndroid 10にしていました

バージョンを複数回タップするとイースターエッグに移行するのは従来のバージョンどおり

Android 10の文字を並べ替えられる

 Android 10になって細かなところが変わってはいるのですが、いちばん特徴的なのが「ダークテーマ」の採用です。設定から「画面設定」にアクセスして、「詳細設定」をタップすると「ダークテーマ」をオン・オフにするボタンが表示されます。

設定から「画面設定」へとアクセス

詳細設定をタップすると「ダークテーマ」が表示される

 「ダークテーマ」のボタンをオンにすると、背景が黒で文字が白の表示になります。ホーム画面に移動すると、検索フォームなども背景が黒になっています。またダークモードに対応するアプリも同じような配色になります。

ボタンをオンにすると背景が黒、文字が白にかわる

ホーム画面の検索フォームなども背景が黒に

ウェブブラウザーのChromeもメニューなどの背景が黒になっている

OneDriveなどダークテーマ対応アプリは背景が黒に

ダークテーマ非対応のアプリは変化なし

 ダークテーマのオン・オフは再起動などが必要なく気軽に変更可能。クイック設定にもダークテーマ用のアイコンが用意されているので、設定を開かなくてもサッと切り替えられます。

クイック設定にダークテーマが追加されている

簡単に通常のテーマとダークテーマを切り替えられる

新鮮な気分でまたXperia 1が使える

 ダークテーマにするだけで雰囲気がかなりかわり、新しいスマートフォンのような印象にもなるので、10ヵ月ほど使ってきたXperia 1ですが、まだまだ新鮮な気持ちで使うことができそうです!

※Xperia 1(SO-03L)/Android 10で検証しました

■関連サイト

筆者紹介:中山 智

 海外取材の合間に世界を旅しながら記事執筆を続けるノマド系テクニカルライター。雑誌・週刊アスキーの編集記者を経て独立。IT、特に通信業界やスマートフォンなどのモバイル系のテクノロジーを中心に取材・執筆活動を続けている。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう