週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

Xperia 1の内蔵ストレージをFilesで見やすく整理整頓する

2020年04月02日 10時00分更新

 「Xperia 1(SO-03L)」を使い始めて10ヵ月ほどがたちました。最近気になっているのが、内蔵ストレージの容量です。microSDもセットしてあるので、基本的に写真や動画などはmicroSDカードに保存されているのですが、前回紹介した高速連写機能やスーパースローモーションでの撮影の場合、内蔵ストレージに保存される仕様。そのため、長く使っているとどうしても内蔵ストレージの容量を圧迫してしまいます。

高速連写機能はmicroSDカードをセットしていても、内蔵ストレージに保存される

 そのため、現状では64GBある内蔵ストレージのうち、使用中は56GB。空き容量は10GBを切ってしまっています。このままでは内蔵ストレージがいっぱいになってしまうのは時間の問題です。

空き容量が心許なくなってきた……

 以前までのXperiaには、写真や動画といったファイルを自動で検出して、内蔵ストレージからmicroSDカードへコピーする機能がありましたが、Xperia 1にはありません。そこで同様の機能が利用できるGoogleのアプリ「Files by Google」を利用することにします。

Googleのファイル管理アプリ「Files by Google」を使用する

Filesを起動させた状態

 FilesにはGoogleドライブやGoogleフォトを活用した容量削除の機能もありますが、「ファイルをSDカードに移動」という機能も用意されています。使い方も簡単で「選択して空き容量を増やす」をタップすると、内蔵ストレージからmicroSDに移動可能なファイルが一覧で表示されます。基本的にはすべてmicroSDカードに移動させたいので、「すべてのアイテム」にチェックを入れて、「SDカードに移動」をタップし、ポップアップウィンドウで表示されたものを選べばOK。あとは自動でファイルがコピーされていきます。

「ファイルをSDカードに移動」を利用する

移動可能なすべてのファイルを選ぶ

初回利用時はmicroSDへのアクセス権の確認がある

ファイル移動の経過がひと目でわかる

約10GBほど内蔵ストレージに空き容量が増えた!

 これで内蔵ストレージにも空きができたので、また高速連写やスーパースローモーションで撮影しても安心です。Filesはそのほか、ほかのユーザーとのファイル交換といった機能も用意されているので、自分だけでなく友人知人のAndroidユーザーにもインストールしておいてもらうと便利ですよ!

※Xperia 1(SO-03L)/Android 10で検証しました。

■関連サイト

筆者紹介:中山 智

 海外取材の合間に世界を旅しながら記事執筆を続けるノマド系テクニカルライター。雑誌・週刊アスキーの編集記者を経て独立。IT、特に通信業界やスマートフォンなどのモバイル系のテクノロジーを中心に取材・執筆活動を続けている。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう