週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

iPhoneを最強に使いこなす! iOS 13のオススメテク10選

2020年03月22日 10時00分更新

【iOS 13 オススメテク その7】
「メモ」を複数ユーザーで共有して同時に編集する

 「メモ」アプリに旅行の計画をメモする場合、同行者にも情報を追加してほしいことがあるだろう。そんな時、そのメモに他のユーザーを招待して、同時に編集できるようになっている。議事録や下原稿などを複数ユーザーで共有したい時にも便利な機能だ。

 まずはメモの右上にある人アイコンをタップし、招待リンクを送信する。受信者はそのリンクを開くと、自分のアプリでそのメモが表示される。編集して数秒待つと、相手の画面に反映されるのが面白い。

 「共有オプション」を開くと、編集を禁止して閲覧のみにするといったアクセス権限の設定ができる。

メモアプリの人アイコンをタップし、共有したい相手を招待する

共有相手が編集すると、数秒して適用される。その部分は一瞬赤く表示されるのでわかりやすい

【iOS 13 オススメテク その8】
200MB以上のアプリを外出先でダウンロードする

 以前は、200MB以上のアプリはWi-Fiに接続しないとダウンロードできなかった。意図せずにアップデートされて、契約データ量を吹き飛ばしてしまうことを避けるためだ。もちろん、ありがたい機能ではあるのだが、旅行先でいつもプレーしているゲームがアップデートされた時など、容量関係なくダウンロードしたいこともある。

 iOS 13では、モバイル通信時でも200MB以上のアプリをダウンロードできるようになっている。「iTunes StoreとApp Store」の設定を確認しよう。「常に許可」にすると危険なので、確認画面が出るようにしておくことをオススメする。

「iTunes StoreとApp Store」の設定から「Appダウンロード」を開き、「200MB以上のときは確認」にチェックする

【iOS 13 オススメテク その9】
設定画面を開かずWi-FiやBluetoothを切り替える

 ペアリング済みのBluetoothデバイスに接続する際、実はコントロールセンターから操作できるのをご存じだろうか。オンオフするだけでなく、アイコンを長押しすることでデバイス一覧を表示できるのだ。

 コントロールセンターからBluetoothアイコンを長押しするとメニューが開くので、もう一度Bluetoothアイコンを長押しすると一覧が表示される。

 これは、Wi-Fiでも同様の操作が可能。接続しているWi-Fiを手軽に切り替えられるので活用しよう。

コントロールセンターからBluetoothアイコンを長押しするとメニューが開く

もう一度Bluetoothアイコンを長押しするとデバイスを選択できる

【iOS 13 オススメテク その10】
最適化充電を有効化してバッテリー寿命を延ばす

 iPhoneのバッテリーも経年劣化して、利用時間が短くなっていく。とはいえ、使い方によっては耐用年数を延ばすことができる。毎回毎回フル充電するのではなく、基本的に80%までしか充電しないことで、寿命を延ばせるのだ。もちろん、アナログ的に自分で管理するのは不可能なので、iOS 13で搭載された新機能を利用しよう。

 「設定」から「バッテリー」を開き、「バッテリーの状態」→「最適化されたバッテリー充電」をオンにすればいい。ちなみに、普段と異なる行動をしている時は、この機能が自動でオフになる。位置情報を参照しており、旅行中などはフル充電されるようになっている。

「バッテリー」の設定から「バッテリーの状態」を開き、「最適化されたバッテリー充電」をオンにする

 以上が、あまり知られていないiPhoneの活用テクニック10選となる。一つ一つは細かい機能だが、いろいろなシーンで活用できると、塵も積もって作業効率がアップする。ぜひ、iPhoneを使い倒してほしい。

筆者紹介─柳谷智宣

著者近影 柳谷智宣

1972年生まれ。ネットブックからワークステーションまで、日々ありとあらゆる新製品を扱っているITライター。パソコンやIT関連の媒体で、特集や連載、単行本を多数手がける。PC歴は四半世紀を超え、デビューはX1C(シャープ)から。メインPCは自作、スマホはiPhone+Xperia、ノートはSurface Pro3とMacbook Air。著書に「銀座のバーがウイスキーを70円で売れるワケ」(日経BP社)、「Twitter Perfect GuideBook」(ソーテック社)、「Dropbox WORKING」(翔泳社)、「仕事が3倍速くなるケータイ電話秒速スゴ技」(講談社)など。筋金入りのバーホッパーで夜ごとバーをハシゴしている。好きが高じて、「原価BAR」を共同経営。現在、五反田・赤坂見附・銀座で営業中。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう