週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

駆動時間は実測で17時間以上、約10万円台!第10世代Core i5搭載「MousePro NB4」の実力に迫る

実測でも17時間44分と長時間駆動!

 バッテリー駆動時間はモバイルの重要な要素になる。NB4シリーズは約25時間(JEITA測定法2.0)。アプリケーションを常時実行して駆動時間を計測するPCMark 10のバッテリーテスト(モダンオフィスシナリオ)での実測でも、17時間44分という結果を出している。1日の4分の3にあたる駆動時間は十分すぎる結果と言えるだろう。小型で軽量でも、バッテリー駆動時間が短いとACアダプターを携行する必要があり、本体スペックよりも重量がかさむ。NB4シリーズならACアダプターを持ち運ぶのは1泊以上する時くらいになるだろう。

電力設定は常駐する専用アプリ「Control Center 3.0」の「Power Modes」から行なう

電力設定が「省電力」時ならPCMark 10のバッテリーテストで17時間44分

性能と駆動時間のバランスがよい「エンターテイメント」でも14時間44分

ACアダプターがコンパクト&スリムな点にも注目。かばんに入れた時の厚みを抑えられる

 そのほか、ビジネスで利用するという点でもいくつかポイントがある。まずは180度開く液晶パネル。一般的な家庭向けノートPCでは、パネルの最大開度が135度前後のものが多い。しかしビジネスでは商談や対面接客など複数人で画面を共有するニーズがある。180度開いてフラットにできれば、コミュニケーションが円滑に行なえる。

対面で画面をシェアする際に快適な180度開く液晶パネルヒンジの仕様

 もう一つは顔認証ログイン。ビジネスモバイルでは、紛失、盗難といった情報漏えいリスクへの対策を考慮する必要がある。そのなかでもセキュリティーが高いとされるのが生体認証や顔認証だ。

Windows 10の顔認証ログオンにも対応。生体認証でデータを守れる

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう