週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

オリンパス「OM-D E-M1 Mark II」で窓辺の猫を撮る!

2020年01月21日 10時00分更新

大好物の「出窓」にいる猫を狙う!

 冬、ですな。昨年末、街歩き仲間とあれこれ歩いたときのこと、日没間近に家の中からこちらをじっと見つめる目があったのである。出窓猫!(冒頭写真)

夕焼けと出窓猫。じっとブラインド隠れてこっちを見てる顔がいい。2019年12月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II

 いつものように、たぶん陽射しが当たる出窓に乗っかって外を見ながら日向ぼっこしてたんだろう。きれいなサビネコだ。ブラインドの隙間から顔を出してるのもいい。もちろん家の中が写るような写真は撮らないこと。当たり前ですが。このサビネコ、あまりにじっとこっちを見ているので、角っこからもう1枚。ガラスで光が屈折するせいで顔の左右のつながりがちょっと妙な感じになってて、ほんとは顔の中心にぴしっと合わせたかったのだけど、向こうも微妙に位置を変えるのでちょっとずれちゃったのだった。

窓辺サビネコ。わざとガラスの角っこから狙ってみた。2019年12月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II

 この日、もう1匹の窓猫に出会ったのだった。お店の看板猫っぽいのだけど、棚の上からずっと外を見てるのである。

ガラスの向こうでじっと外を寝てるシロネコ。きっとこのお店の看板猫なんだろう。2019年12月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II

 10人近くでぞろぞろと歩いていたのだけど、この猫は我々を無視してずっと斜め下を見てて、どうも気になるものがあったらしい。猫は安全な窓際があると、そこから外を見るのが好き。猫を飼うときは、窓際の少し高い位置に屋外を眺められる場所を作ってあげるといいとよく聞くけど、その通りだと思う。かといって外に出たがるかというと、それは猫次第。隙を見つけては出ようとする猫もいるし、外を怖がって出ない猫もいる。

窓を開けても出ない猫だっている
それが猫ゆえの気まぐれ

 なんてこと考えてたら、うちの猫(大五郎)が窓の外を眺めてる写真が出てきた。17年前、今の部屋に引っ越した日、いつの間にか窓際に積み上げた段ボールの上にのっかって外を見てたのだ。

17年前の大五郎。引っ越したその日、積み上がった段ボールにのっかって外を見ながら「思えば遠くへきたもんだ」と思ってたのである……たぶん。2003年4月 キヤノン IXY Digital 400

 もう1枚、ずっと地域猫として生き延び、大人になってから引き取られた「チロ」も、里親さんの家でキャットタワーに乗ってよく外を見てた。彼の場合は窓を開けた瞬間に外に行きそう。

キャットタワーに乗って外を眺めるチロ。この数ヵ月前まで地域猫として外にいたのだ。背中にDOGと書かれた服を着てる(胸元をボリボリ掻いて血だらけになっちゃうのを防ぐため)。2019年5月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II

 外と中を自由に出入りできる猫も中と外を上手に使い分ける。とある小さな神社で猫を見たのである。目が合うとすすっと奥に隠れたと思ったら、その数10秒後、ちょこんと社務所の受付に現れたのだ。これはびっくり。

神社の鳥居をくぐったら目の前を猫がかけていった、と思ったらいつの間にか受付に。貫禄のハチワレチョビヒゲだった。2018年2月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II

 猫が姿を消したあたりを見てみると、日没後なので暗くてよくわからなかったけど、隅っこに猫が出入りできる隙間(あるいは猫のために作られた専用の出入り口)があるもよう。たまに社務所猫っているよね。

 窓辺猫をもう1枚。とあるおうちの庭先に野鳥用のオレンジが吊してあり、そこにメジロがやってきたのである。冬らしい光景だし、メジロとオレンジって色もきれいだからカメラを向けちゃうよね。そしたら……後ろに猫がいるではないか。しかもその猫、メジロのこと無視してる。気づいてないわけがないので無視してるんだよな。うちの猫はベランダに鳩が飛んできた瞬間にタタタッって駆けてくるし。

 あるいはもう慣れっこなのかもしれない。ここで猫がメジロをじろっと見てたりするとわかりやすい絵になるのだけど、と思いつつとった1枚。主役はメジロってことで。

窓辺の猫、というより軒先のメジロを撮ったら後ろに猫がいた写真。2017年1月 オリンパス OM-D E-M1

 にしても、今年もまた冬ですな。室内でぬくぬくしてる猫も、寒い屋外でがんばってる猫も元気でありますように。

■Amazon.co.jpで購入
 

筆者紹介─荻窪圭

 
著者近影 荻窪圭

老舗のデジタル系ライターだが、最近はMacとデジカメがメイン。ウェブ媒体やカメラ雑誌などに連載を持ちつつ、毎月何かしらの新型デジカメをレビューをしている。趣味はネコと自転車と古道散歩。単行本は『ともかくもっとカッコイイ写真が撮りたい!』(MdN。共著)、『デジカメ撮影の知恵 (宝島社新書) (宝島社新書)』(宝島社新書)、『デジタル一眼レフカメラが上手くなる本』(翔泳社。共著)、『東京古道散歩』(中経文庫)、『古地図とめぐる東京歴史探訪』(ソフトバンク新書)、『古地図でめぐる今昔 東京さんぽガイド 』(玄光社MOOK)。Twitterアカウント @ogikubokei。ブログは http://ogikubokei.blogspot.com/

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう