週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

FRONTIER ダイレクトストアのX'mas セールの値引き&無償アップグレードがスゴイ

3割引きも! 思わず2度見した超お得なセールで快適ゲーム&配信できるRyzen搭載PCをポチりたい

2019年11月22日 17時00分更新

17万円台円台でこの性能はスゴイ

 では、気になるFRGAB450/WS5/NTKの性能をチェックしていこう。今回、検証は都合によりメインメモリー8GB×2(16GB)で行なった。まずはCGのレンダリング性能から独自のスコアを算出するベンチマークソフト「CINEBENCH R20」でCPUの性能をチェックした。結果は、CPUが4897pts、CPU(Single Core)が508ptsという結果に。Ryzen 7 3800Xは8コア/16スレッドCPUだけあって、スコアはかなり高い。第3世代Ryzenからはシングルコアの性能も向上しているので、ゲームや動画配信などもインテルCPUに負けない性能になってきている。

CINEBENCH R20の結果

 ストレージ性能を計測するCrystalDiskMark 7.0.0では、シーケンシャルリードで1TB SSDが1920.06MB/秒、2TB HDDが207.19MB/秒だった。メインで遊ぶゲームタイトルはSSDに、それ以外のゲームや録画した動画などはHDDに入れるといいだろう。最近のAAAタイトルは大容量なものが多いため、1TBと大容量なのはうれしいポイントだ。

CrystalDiskMark 7.0.0の結果

 グラフィックス性能は、3DMarkでチェック。Fire Strike UltraやPort Royalでも5000を超えているので、タイトルによっては4Kやリアルタイムレイトレーシングをオンにした状態でのゲームプレーも視野に入る。もちろん、フルHDであればほとんどのゲームが快適に遊べるだろう。

Time Spyの結果

3DMarkの結果

 ゲーム系のベンチマークは、「ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズ ベンチマーク」と、「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク」をチェックした。

 ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズ ベンチマークは、フルスクリーン、最品質に設定し、1920×1080ドット/2560×1440ドット/3840×2160ドットでそれぞれ計測。FFXIVくらいの負荷のゲームであれば、4K解像度でも快適に遊べそうだ。

フルスクリーン、最高品質、1920×1080ドットで計測

ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズ ベンチマークの結果

 FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマークも、高品質、フルスクリーンという設定で、1920×1080ドット/2560×1440ドット/3840×2160ドットで計測。さすがにFFXVくらいの負荷のゲームになると、4Kでのゲームプレーは設定を少し落とす必要がありそう。ただ、カスタムに設定してDLSSをオンにしたところ少しスコアは上がったので、DLSS対応ゲームであれば結構快適に遊ぶことができるだろう。

高品質、フルスクリーン、1920×1080ドットで計測

3840×2160ドットで計測

カスタムでDLSSをオンにして計測

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマークの結果

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう