週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

今度は縦に折りたたむスマホをサムスンがお披露目!

2019年10月30日 22時30分更新

横の次は縦!
これからのスマホは折りたたむ時代か!?

 サムスン電子は10月29日(現地時間)、米カリフォルニア州サンノゼで開催した開発者向けイベント「Samsung Developer Conference 2019」(SDC19)において、縦に開けるスマートフォンのコンセプトを公開した。

 YouTubeでもそのコンセプト動画は公開されており、横に開いて使う「Galaxy Fold」とは異なり、細長いディスプレーを縦方向に畳んで携帯できるようだ。

 また、折りたたむと、ディスプレーの表示が切り替わるようだ。例えば、写真や動画を撮影する際、90度におって机上に置くことで、スタンドがなくても簡単に自分撮りできそうだ。

 一方のGalaxy Foldは、開いた状態の部分に、7.3型のディスプレーサイズを搭載する。縦横比4.2:3の大画面を活用し、3つのアプリを同時に利用できるのが特徴だ。コンセプト端末が縦に開いた時に、どの程度の画面サイズになるのかは不明だが、Galaxy Foldとは異なる使い方を想定しているようだ。

 なお、縦に開けるスマートフォンの具体的な製品化は予定していないという。

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。


この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう