週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

Cosmo CommunicatorはGemini PDAからキーボードが進化!

2019年08月30日 10時00分更新

文● 山根康宏 編集●ASCII編集部

ほかに類を見ないQWERTYキーボード搭載スマホ

キーボードが改良されたCosmo Communicator

 本格的なQWERTYキーボード搭載スマートフォンとして唯一の存在ともいえるPlanet Computersの「Cosmo Communicator」。初代モデル「Gemini PDA」に引き続き、日本ではリンクスインターナショナルから9月末に販売される予定です。

背面にディスプレーを搭載

 Cosmo CommunicatorはGemini PDAの上ぶた部分にタッチパネルディスプレーとカメラを搭載し、閉じたままでも通話ができるモデルにパワーアップしました。しかし、細かいところも大きな改良が加えられているのです。それはキーボードの変更です。日本正式販売前のサンプル品を触ってみました。

Gemini PDA(右)との背面の違い

 両者のキーボードを比べると、見た目は特に大きな違いはありません。日本発売版は日本語キーボードになっています。このクラスの端末にはめずらしく、上部にくぼみのある打鍵しやすいキーを採用。リターンキーも大きく、筆者もGemini PDAを使っていますがキーの押しやすさは一級品です。

Cosmo Communicator(左)とGemini PDA(右)のキーボードはほぼ同等

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう