週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

VAIO Pro PA+moreNOTEの挑戦とは?

働き方改革の第1歩は、いままでの使い勝手を変えない「パソコン」でペーパーレス化すること

2019年07月03日 09時00分更新

―― 導入したときに社員の反応はどうでしたか?

小宮山 「紙の削減コストはもちろんですが、苦労していた作業工数がかなり圧縮されましたので、会議の事務局の負担は大幅に軽減されました。会議に参加している役員も、こういった機器に慣れている人と、そうでない人がいましたので、最初は戸惑いもありましたが、1度使った人の多くが『これなら使える』と思ってくれました。いまではmoreNOTEなしの会議はあり得ないと感じるレベルになっています。

 特に評価されているのは、見ている人全員に同じページを表示し、今どこの内容を話しているのかわかることです。ここは円滑に会議を進行していくうえで重要です。さらに、重要なポイントをポインター機能を使って指し示すことで、コミュニケーションが途切れることなく、スムーズに会議を進められます。これらが自然に受け入れられた要因でしょう。その他、会議資料を持ち歩きやすくなった点、カレンダー画面から過去の資料を探しやすくなった点も好評です」

会議はカレンダーごとに分かれているので、あとから確認する際も会議が開催された日さえ分かれば資料にたどりつきやすい。もちろん検索機能も用意されている

会議で使われる資料が入っている。スピーカーはそれを開くだけで参加者全員が閲覧できる

スピーカー(プレゼンの発表者)が資料のページを進めると、参加者全員の画面も進み、手書きで指示やコメントを入れたものも反映される

スピーカーが変わる場合は、右下のボタンを押すだけ

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう