週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

auのGalaxyはハイエンド「Galaxy S10/S10+」にミドルレンジ「Galaxy A30」

2019年05月13日 11時00分更新

5つのカメラに最強スペック
サムスン電子「Galaxy S10+」

 auから登場するGalaxyシリーズはハイエンドの「Galaxy S10 SCV41」「Galaxy S10+ SCV42」、そしてミドルレンジの「Galaxy A30 SCV43」の3台。

 まずはGalaxy S10+から紹介しよう。

プリズムブラック

 すでにグローバルで発売され好評を得ているGalaxy S10+は、背面に3つ、前面に2つの合計5眼カメラが特徴のカメラフォン。インカメラはディスプレーの右上に埋め込まれたパンチホール式でノッチはない。ディスプレーは「Infinity Oディスプレー」と呼ばれほぼベゼルはナシ。指紋認証センサーはディスプレー内にあり、超音波式で指の凹凸まで読み取る。

 スペックは6.4型有機Eディスプレーで解像度は1080×3040ドット。SoCは最新のSnapdragon 855(オクタコア)、メモリーは8GB、内蔵ストレージは128GBという構成。本体サイズは74.1×157.6×7.8mm、重量は175g。ディスプレーサイズのわりに横幅が狭くて薄く軽量なので、あまり大きさを感じさせない。カラバリはプリズムブラックとプリズムホワイトの2色。

 カメラはリアは1200万画素+1200万画素+1600万画素(広角、望遠、超広角)、フロントは1000画素+800万画素。とくにリアの広角カメラはF値が状況に応じて2.4と1.5で切り替わる。F値1.5はauの夏モデルの中でも一番明るい。動画性能も向上しており、撮影時のスーパー手ぶれ補正は最新アクションカムに匹敵するほど。

 有機ELディスプレーはHDR10とAKGチューニングのステレオスピーカーでゲームや動画視聴に最適。前モデルと比べ、42%のブルーライトカットをしているので目にも優しく、エンタメを長時間楽しめそうだ。

プリズムホワイト

 ゲームに集中できるよう、ゲームランチャーアプリではゲーム中の通知を制限したり、画面キャプチャーや実況動画撮影などもできる。さらにGalaxy S10+ではベイパーチャンバー冷却システムで、発熱を防いで3Dアクションなどの高負荷なゲームでも快適にプレーできるように設計されている。

 5眼カメラに大画面と大容量メモリー&ストレージ、そして独自の冷却システムでエンタメ特化型になったスマホ、それがGalaxy S10+だ。

au「Galaxy S10+ SCV42」の主なスペック
メーカー サムスン電子
ディスプレー 6.4型 Dynamic AMOLED(19:9)
画面解像度 1440×3040ドット
サイズ 約74×158×7.8mm
重量 約175g
CPU Snapdragon 855 2.8GHz+2.4GHz
+1.7GHz(オクタコア)
メモリー 8GB
内蔵ストレージ 128GB
外部メモリー microSDXC(最大512GB)
OS Android 9
最大通信速度(下り/上り) 1Gbps/75Mbps
FeliCa
カメラ画素数 アウト:約1200万画素(F値2.4、1.5可変)
+約1200万画素(望遠、F値2.4)
+約1600万画素(超広角、F値2.2)
/イン:約1000万画素
+約800万画素
ワンセグ/フルセグ ○/○
防水/防塵 IPX5,8/IP6X
バッテリー容量 4000mAh
生体認証 ○(指紋、顔)
連続通話時間 約2340分
連続待受時間 約450時間
USB端子 Type-C
カラバリ プリズムブラック、プリズムホワイト
この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう