週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

疾風怒濤! 初音ミクGTプロジェクトの10年を振り返る(2013~2018年)

ついに海外レースにも進出!
3度目の戴冠をはたした2017年

 2017年はチーム体制も参戦マシンも変更なし……と言いたいところだが、チーム結成時からのスタッフ、大橋逸夫コミュニケーションディレクターが2016年をもって離脱した。

 AMG GT3を使って2年目ということもあり、熟練度も進み、開幕戦で約3年ぶりとなる優勝をはたす。第2戦では6年ぶりのポールポジションを獲得するもノーポイント、鈴鹿でバースト祭りに悩まされてノーポイントとチャンピオンシップが危機的状況になるも、ほかのレースで地道にポイントを獲得し、第7戦、第8戦は連続して表彰台に立ったことで、3年ぶり3回目のチャンピオンに輝いた。

 また、SUPER GT以外でも海外のレース「スパ・フランコルシャン 24時間耐久レース」にスポット参戦。予選で大クラッシュし出場が危ぶまれるも、奇蹟の復活。決勝の夜間走行中に他車のクラッシュに巻き込まれてリタイヤしたものの、その存在感を世界に知らしめた。

レースレポート

第1戦 岡山国際サーキット(4月8~9日)

これが欲しかった! ミクAMG、開幕岡山で3年ぶりの優勝!

第2戦 富士スピードウェイ(5月3~4日)

6年ぶりのポールから一転ノーポイントへ! 衝撃の結末だったGT富士

第3戦 オートポリス(5月20~21日)

ミクAMG、2年ぶりの九州・オートポリスは5位完走!

第4戦 スポーツランドSUGO(7月22~23日)

マモノ荒ぶるSUGOでミクAMGは4位で無事にフィニッシュ!

第5戦 富士スピードウェイ(8月5~6日)

ミクAMG、第5戦は2位フィニッシュでランキングトップに!

第6戦 鈴鹿サーキット(8月26~27日)

最後の鈴鹿1000km! ミクAMGは悪夢の3回バーストでノーポイント

第7戦 チャーン国際サーキット(10月7~8日日)

混迷を極めたGTタイ・ブリーラム戦でミクAMGは2位獲得!

第8戦 ツインリンクもてぎ(11月11~12日)

ミクAMGのGT最終戦は3位でチャンピオン獲得!

  2017シーズンリザルト
第1戦 岡山 予選:2位
決勝:1位
第2戦 富士 予選:1位
決勝:11位
第3戦 AP 予選:6位
決勝:5位
第4戦 SUGO 予選:8位
決勝:4位
第5戦 富士 予選:3位
決勝:2位
第6戦 鈴鹿 予選:4位
決勝:19位
第7戦 タイ 予選:4位
決勝:2位
第8戦 もてぎ 予選:1位
決勝:3位
ドライバーズランキング 1位
チームランキング 1位(30台中)

チームメンバー

片山監督

安藝代表

谷口信輝

片岡龍也

荒井つかさ

山村ケレール

鈴菜

宮越愛恵

  2017年度 チーム体制
チーム名 GOODSMILE RACING & TeamUKYO
エントラント代表 安藝貴範
監督 片山右京
ドライバー 谷口信輝
片岡龍也
メンテナンス RSファイン
チーフエンジニア 河野高男
ゼッケン 4
参戦車両 Mercedes-AMG AMG GT3
車両名 グッドスマイル 初音ミク AMG
タイヤ YOKOHAMA
レースクイーン 荒井つかさ
山村ケレール
鈴菜
宮越愛恵
イラストレーター Tony
アートディレクター コヤマシゲト
この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう