週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

疾風怒濤! 初音ミクGTプロジェクトの10年を振り返る(2013~2018年)

序盤のスタートダッシュで
3年ぶりの王座奪還となった2014年

 2014年も前年度と変わらぬチーム体制……と思いきや、チーム立ち上げから苦楽を共にしたStudieが独自チーム発足のため離脱することに。ドライバーの変更はなかったが、チーム監督は満を持して片山右京が就任した。また、エントラントはグッドスマイルレーシングになり、チーム代表にグッドスマイルカンパニー代表取締役の安藝貴範、昨年まで監督だった大橋逸夫はゼネラルマネージャーになった。

 また、マクロスの変形機構でおなじみの河森正治がメカニックデザインを担当。実際にロボットに変形するBMW Z4がのフィギュアが発売された。ほかにはアートディレクターに多数の人気アニメのキャラクターデザインを手がけるコヤマシゲトが加わった。

 2011年以来となる大幅なチーム体制の変更があった2014年だが、第1戦、第2戦と2連勝して幸先のいいスタートを切った。中盤はウェイトハンデに苦しんだが、後半は地道にポイントを獲得し、プロジェクトとして2回目のチャンピオンを獲得した。

 ドライバーズランキングでは1位だったのだが、チームランキングでは2位という結果で、完全勝利とはいかなかった2014年だった。

レースレポート

第1戦 岡山国際サーキット(4月5~6日)

SUPER GT開幕戦でミクZ4がBMWのワンツー優勝!

第2戦 富士スピードウェイ(5月3~4日)

勝利への執念が呼び寄せた奇蹟! 初音ミクZ4、2連勝!

第3戦 オートポリス(5月31~6月1日)

3連勝を目指したミクZ4、第3戦は無念のノーポイント

第4戦 スポーツランドSUGO(7月19~20日)

今年もSUGOのマモノに勝てず! ミクZ4、2戦連続無得点

第5戦 富士スピードウェイ(8月9~10日)

SUPER GT第5戦でミクZ4は暴風雨の中を4位完走!

第6戦 鈴鹿サーキット(8月30~31日)

ミクZ4、鈴鹿でランキングトップに返り咲き!

第7戦 チャーン国際サーキット(10月4~5日)

微笑みの国タイでミクZ4は3位でグッドスマイル!

第8戦 ツインリンクもてぎ(11月15~16日)

天使のミクさんがSUPER GTで2度目の女王戴冠!

  2014シーズンリザルト
第1戦 岡山 予選:2位
決勝:1位
第2戦 富士 予選:9位
決勝:1位
第3戦 AP 予選:15位
決勝:16位
第4戦 SUGO 予選:10位
決勝:15位
第5戦 富士 予選:7位
決勝:4位
第6戦 鈴鹿 予選:17位
決勝:5位
第7戦 タイ 予選:6位
決勝:3位
第8戦 もてぎ 予選:3位
決勝:3位
ドライバーズランキング 1位
チームランキング 2位(25台中)

チームメンバー

片山監督

安藝代表

大橋ゼネラルマネージャー

谷口信輝

片岡龍也

荒井つかさ

鴻上聖奈

水谷望愛

山村ケレール

  2014年度 チーム体制
チーム名 GOODSMILE RACING & TeamUKYO
エントラント代表 安藝貴範
監督 片山右京
ゼネラルマネージャー 大橋逸夫
ドライバー 谷口信輝
片岡龍也
メンテナンス RSファイン
チーフエンジニア 河野高男
ゼッケン 4
参戦車両 BMW Z4 GT3
車両名 グッドスマイル 初音ミク Z4
タイヤ YOKOHAMA
レースクイーン 荒井つかさ
鴻上聖奈
水谷望愛
山村ケレール
イラストレーター おぐち
アートディレクター コヤマシゲト
メカニカルデザイン 河森正治
この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう