週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

発売が待ちきれない! 編集部にやってきたiPhone Xを開封

2017年11月01日 20時30分更新

 11月3日発売の「iPhone X」は、上側に切り欠き部がある有機ELディスプレーや顔認識のFace IDなど新たな仕様が加わった注目端末です。それではパッケージを開封していきましょう。

編集部がアップルから借りたのは256GB版のシルバー

外箱の印象は、それほど特別間はありませんね

さくっと開けると、おなじみの光景が

iPhone Xがお目見えしました

同梱物はUSBのACアダプターとEarPods、EarPods用のLightningアダプター、Lightningケーブルなど

残念ながらACアダプターは5V/1A。高速充電非対応なので、別途ユーザーが用意する必要があります

SIM抜きピンなどは無くさないよう保管しておきましょう

今回の端末はSIMフリー版ですが、アクティベーションにはナノSIMが必要なのでお忘れなく

キター!

設定を進めていくと、Face IDが登場します

True Toneの設定も

設定手順で操作方法が紹介されます。ホームへの移動は画面の下端から上にスワイプ

アプリの切り替えはスワイプを一時停止します

コントロールセンターは画面右上から下にスワイプします

起動しました!

ふだんiPhone SEを使っている手が小さい筆者の第一印象は「少し大きいかも」

デュアルカメラはどちらも光学式手ぶれ補正に対応しているのが8 Plusとの違いです

 いかがでしょうか? 予約を逃した方もApple Storeでは11月3日の午前8時から当日販売があります。今週金曜日は気合いで早起きするという手もありますよ!


■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう