週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

マウスやキーボードが使えなくなったときでも慌てずに

Windows 10 ウィンドウを閉じる10の方法

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

ウィンドウの右上にある「×」ボタンをクリック

調査報告
Windows 10 ウィンドウを閉じる10の方法

 ウィンドウを閉じる方法は10通りある。マウスポインタや手の位置によって、スムーズに最短でウィンドウを閉じる方法をマスターしておけば、ごくわずかだが時短を実現できるかもしれない。もしくは、マウスやキーボードのどちらかが使えなくなったときにも、慌てずにウィンドウを閉じることができる。

タイトルバーの右クリックメニューから「閉じる」を選択

 まずオーソドックスなのが、ウィンドウの右上にある「×」ボタンをクリックすること。あまり知られていないのが、ウィンドウ左上にあるアプリのアイコン。ここをダブルクリックすると、閉じることができるのだ。タイトルバーの右クリックメニューから「閉じる」を選択してもいい。

タスクバーのアイコンの右クリックメニューから「ウィンドウを閉じる」

 タスクバーのアイコンにマウスポインタを乗せるとサムネイルが出るので、その右上の×をクリックすると閉じる。アイコンの右クリックメニューから「ウィンドウを閉じる」でもOK。複数のウィンドウが起動しているアプリなら「すべてのウィンドウを閉じる」を利用できる。

タスクバーアイコンのサムネイルの×をクリック

 Win+Tabキーで開く仮想デスクトップの切り替え画面で、ウィンドウのサムネイルの右上に表示される×をクリックして閉じることも可能だ。

画面の上から下端までスライドする

タスクマネージャーの「アプリ」から終了

 ウィンドウと言うよりは、開いているウェブページや文書を閉じるなら、Ctrl+Wキーが利用できる。最後のページを閉じるときやエクスプローラーなどページがないアプリは、ウィンドウも終了する。もっと確実にウィンドウを閉じるなら、Alt+F4キーを押す。アプリを終了するショートカットで、デスクトップを選択した状態で押すと、Windows 10も終了できる。

 タブレット端末であれば、画面の上から下端までスライドすることでアプリを終了できる。また、アプリが反応しなかった場合などは、タスクマネージャーの「アプリ」からアプリを選んで「タスクの終了」をクリックすればいい。

これでズバッと解決!

 ×ボタンを押す以外にも、ウィンドウを閉じる方法はたくさんある。


 Windows 10探偵団は毎週、月・水・日に更新します。お楽しみに!


この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう