週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

以前の端末のいずれかを削除する必要がある

Windows 10でストアアプリをインストールできないとき

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

11台目にインストールしようとすると、このような画面が開く

調査依頼
ストアアプリをインストールできない

 Windows 10は、同じマイクロソフトアカウントでストアアプリを、インストールできるデイバス数が最大10台までとなっている。これはとても厳しい制限だが、11台目にインストールしようとするとはじかれてしまうのだ。ちなみに、Windows 8.1は、81台までインストールできた。そんな気軽な語呂合わせで決めるのならば、100台にして欲しいところだ。せめて、10に合わせて欲しくなかったが……。

マイクロソフトアカウントの設定画面から、はずす端末の「削除」をクリックする

「このデバイスを削除する準備ができました」にチェックし、「削除」をクリックする

 台数をオーバーしてしまった場合、利用頻度の少ないデバイスを「アプリとゲーム」の管理デバイスからはずすしかない。エラー画面が表示されているなら、「デバイスを削除する」をクリック。そうでないなら、マイクロソフトの設定画面から、「ダウンロードデバイスを管理する」ページを開く。

端末をストアアカウントから削除できた

デバイスの上限に余裕ができた

新しい端末でアプリをインストールできるようになった

 デバイスの一覧が開くので、外す端末の「削除」をクリックしよう。もし、同一デバイスが重複して登録されているなら、「アプリが最後にインストールされた日時」の古い方を削除すればいい。確認ダイアログで、「このデバイスを削除する準備ができました」にチェックし、「削除」を押せば完了。ストアアプリをインストールできるようになる。

これでズバッと解決!

 Windows 10では同じアカウントで最大10台までしか、ストアアプリをインストールできない。新しいPCで使いたい場合は、以前の端末のいずれかを削除する必要がある。


 Windows 10探偵団は毎週、月・水・日に更新します。お楽しみに!


この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう