週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

8月29日は焼肉の日!

牛角「29円食べ放題」安すぎて仰天! 高級な和牛も好きなだけ食べられる

2017年08月24日 18時00分更新

文● ナベコ 撮影●高橋 智

■和牛にラム肉にてんこもり

 牛角食べ放題開始から15分ほど。焼肉を食べていると「うまい」とか「おいしい」とか以外は余計なことを言わないからおもしろいですよね。あと発言するのは「タレとって」とかですかね。みんなおいしいお肉に真剣。

「黒毛和牛みすじ」(通常価格1480円)

「黒毛和牛上ロース(くらした)(通常価格980円)

 近江牛以外にも黒毛和牛がメニューにあります。高級なお肉から攻めたい人はこのあたりは抑えるべきですね。さすが和牛、サシの乗り方が美しいですね。顔がほころんでしまいます。私は特に、上ロース(くらした)が弾力がある食感で好きす。かみしめながらいただきました。

「網焼きジンギスカン」(通常価格690円)

 雰囲気がちょっと違うのが「網焼きジンギスカン」。羊肉なので、牛肉を立て続けに食べた後にも新鮮でおいしいです。若いラム肉を使っておりくさみはないのですが、ニンニク風味のジンギスカンが好きな人のために特製のタレも一緒に提供してくれます。

 ラムをあまり食べたことない、という人もクセがないので食べ放題の機会に試してみるといいかもしれません。

「キャベツ豚太郎」(通常価格690円)

 キャベツの千切りを巻いてにんにく旨辛ダレをつけて食べる「キャベツ豚太郎」も変わり種。お菓子を連想させる名前ですね。キャベツのシャキシャキ食感の組み合わせが天才的によいです。これもいけたら2皿頼みたいと思いました。

「ねぎ牛タン塩」(通常価格890円)

 定番の人気メニュー「ねぎ牛タン塩」はあっさりしていて万能。他のお肉をたくさん食べた上で、「あ、いいな。おいしいな」と思える味です。ペロッと舐めるように食べられちゃいそうですよ。

■いっきに焼いてみた

各種を一緒に焼くとこんな感じに。ちょっと欲張りすぎかもしれません。

 これぞ欲張り焼き! 見栄えこそ良くないかもしれませんが食べ放題ならではの自由さがあって爽快です。

なにげ「牛タンソーセージ」がビールと相性よかったです。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう