週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

Polaris 20ベースの「Radeon RX 580」は果たしてお買い得なのか?

2017年04月18日 22時00分更新

重量級ゲームはRadeonが奮闘

 続いては「BIOHAZARD 7 resident evil」を試してみる。画質は各設定を一番重くなるように設定。アンチエイリアスは“FXAA+TAA”を選択した。「Fraps」で計測したシーンは、ゲーム開始間もなく踏み込む廃屋内の一定のコースを歩いた時のものだ。

「BIOHAZARD 7 resident evil」1920×1080ドット時のフレームレート better→

「BIOHAZARD 7 resident evil」2560×1440ドット時のフレームレート better→

「BIOHAZARD 7 resident evil」3840×2160ドット時のフレームレート better→

 このゲームではこれまでと状況が違い、RX 580や480がGTX 1060に対し圧倒的に優勢を確保している……が、RX 480とRX 580がほとんど変わらないという残念な側面も明らかになってしまった。このゲームに関していえば、少々クロックが上がった程度では根本的なパフォーマンスアップにつながらないようだ。

 BH7よりも少し重めのタイトルとして剣戟アクション「For Honor」もテストしてみよう。画質は“超高”に統一し、無駄に重くなるアンチエイリアスの“スーパサンプル”設定は無効に設定。ゲーム内のベンチマーク機能を使い、ベンチマークシークエンス全体のフレームレートで比較する。

「For Honor」1920×1080ドット時のフレームレート better→

「For Honor」2560×1440ドット時のフレームレート better→

「For Honor」3840×2160ドット時のフレームレート better→

 傾向的にはこれまでのゲームと同じ。GTX 1060が優位に立っているが、RX 580との差はあまり大きくない。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう