週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

5000mAhバッテリーのFREETEL「RAIJIN」は確実に充電回数を減らせる!

2017年02月26日 12時00分更新

雷神さまは低価格なバッテリー番長か?

 ハイスペックなスマホに人気が集まる一方で、メールやLINE、たまに撮影、たまにSNSといった用途、もしくは電話が中心の場合はエントリーモデルやミドルクラスのスマホが選ばれている。そこそこのスペックで低価格と、コスパもいい。スペックなどにこだわらない人にはうれしい端末だが、バッテリー容量はどうしたって気になる。すぐに電池がなくなってしまうようでは使い物にならない。

 価格は抑えめでスペックも悪くなく、さらにバッテリーが長持ちするSIMフリースマホはないものかと探したところ、最適の端末が見つかった。ということで、今回レビューするのはFREETELの「RAIJIN」。5000mAhのバッテリーを搭載しつつ、2万9800円(税別)という低価格がウリのモデルだ。

バッテリーが大きいので分厚い

 RAIJINは、5.5型ディスプレー(1080×1920ドット)と、最近ではすっかりスタンダードになったサイズのスマホだ。本体は76×153×8.7mmと、厚みについてはバッテリー容量が5000mAhであるぶん、他の端末に比べると分厚くなっている。重量も約183gなのでバッテリー容量ぶんだけ重い。背面の末端部がわずかに丸みを帯びており、ラウンドフォルムとフルフラットの中間のようなデザインになっているが、このおかげで厚みがあるわりに持ちやすくなっている。

本体正面と背面

本体頂部にはヘッドフォン端子だけでなく、ストラップホールもアリ

今話題のDSDSにも対応

ホームキーなどはタッチ式で、触れるとLEDが点灯する

 背面には1600万画素のアウトカメラとサブマイク、LEDライト、指紋センサーがある。指紋センサーの応答性は良好。認証からロック解除の速度はやや遅く感じたが、実用性は問題ナシ。また精度もよく、レビュー期間内において、認証ミスはなかった。またアンロックに重点を置いているのか、指紋センサーをタッチでシャッターを切るといった機能はない。ただFREETELの端末は、アップデートのたびに機能強化が行なわれることが多いので、今後のアップデート次第だろう。

純正アクセサリーとして、保護フィルムだけでなくフリップケースも用意されている。カラバリはブラック、ネイビー、ゴールドの3つ

指紋センサーにも対応

スタンド機能もあり、けっこう使い勝手がいい

 スペックはSoCにMT6750T(オクタコア)、メモリー4GB、内蔵ストレージ64GB、さらにDSDS対応と、価格帯からすると、メモリーとストレージ容量が魅力的。microSDXCは128GBまでの対応となるが、ローカル保存の音楽や動画、写真が大量にあるのでなければ、microSDカードは必要ない容量だ。

 対応バンドは下記表を参照してもらうとして、GPSを見ると、GPS(A-GPS対応)とGLONASSに加えて、QZSSにも対応している。準天頂衛星みちびきによって、早い応答性と精度の高い位置測定を期待できるため、地図やGPSを使用するアプリ、サービス、機能が多いのであれば、この点もメリットになる。


FREETEL「SAMURAI RAIJIN(雷神)」の主なスペック
ディスプレー 5.5型IPS液晶
画面解像度 1080×1920ドット
サイズ 76×153×8.7mm
重量 約183g
CPU MediaTek MT6750T
1.5GHz+1GHz(オクタコア)
メモリー 4GB
ストレージ 64GB
外部ストレージ microSDXC(最大128GB)
対応ネットワーク LTE:1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/28B
W-CDMA:1/5/6/8/19
4バンドGSM
DSDS(4G+3G)
CA対応 ○(2CC CA)
OS Android 7.0
カメラ画素数 リア:16メガ(F値2.0)
/イン:8メガ(F値2.0)
バッテリー容量 5000mAh
指紋センサー
SIM形状 micro+nanoSIM
USB端子 Type-C
カラバリ シルバー、マットブラック、マットネイビー
価格(税抜) 2万9800円
この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう