週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

「カスペルスキー セキュリティ 2017」でウイルス対策!

年末の大掃除に合わせてPC内の不要ソフトも整理しよう

2016年12月16日 11時00分更新

PCの大掃除をすると他にもこんないいことが!

 PCの大掃除をすると、セキュリティ対策だけでなく、さらにいろいろなメリットがあるとのこと。

  • ストレージ容量を確保できる
  • PCの高速化にもつながる
  • ファイル検索のときに、余計なデータが引っかからない
  • 間違えて古いソフトを開くといったことも防げる

 などなど、大掃除はいいこと尽くめ。これは、今までやらなかったのは実にもったいなかったなぁ。ではカスペルスキー セキュリティ 2017のWindows版の機能を使って、PCの大掃除を開始します!

ソフトウェアクリーナーで不要データを整理

 「ところで、どうして使っていないデータや古いソフトを削除すると、セキュリティ対策になるのかわかりますか?」

 えーと……古いソフトだとウイルスにかかりやすいんでしょうか。

 「そうですね。正確には、最新のアップデートをしていない古いソフトは、ウイルスや悪意のあるプログラムの格好のエサなんです」

 えーっ。どうしてですか。

 「ウイルスやセキュリティ話では、よく脆弱性という言葉が出てきますよね。ソフトウェアは食べ物のようなものなんです。そのままにしておくと、いずれ悪くなってしまう。

 脆弱性とは、この食べ物の例えでいえば傷んだ部分で、ソフトやシステムのなんです。悪意のあるプログラムやウイルスはその穴を狙って攻撃をし、PCのデータなどに被害をあたえます。そこで、ソフトメーカーはアップデートという形で、その穴をふさいでいくわけです。

 だから、ソフトをインストールしたら、メーカーからのアップデートは必ず実施し、ソフトを常に最新の穴のない状態に保っておく必要があります。でも、アップデートは面倒だといってそのままにしておくと……古いソフトの穴を狙って攻撃されてしまうんです。また、古いソフトだと開発が終わってしまってアップデートも提供されず、そこが狙われることも……」

 なるほど! 使ってないソフトだとアップデートなんてわざわざしないですね。

 「そうなんです。だから使わないソフトを削除することで、攻撃される部分を減らすという効果があるんです」

 PCの中身をきれいにするには、カスペルスキー セキュリティ 2017 Windows版の機能ソフトウェアクリーナーを使います。

 まず「実行」ボタンを押すと、PC内のソフトをすべてチェックし、不要なソフトがリストアップされます。でも中には「最近はまったく使っていないけれど、残しておきたい」といったソフトもありますよね。ソフトウェアクリーナーはソフトごとに削除するかどうかをチェックできるので、本当に要らないものだけを整理できました!

PCのお掃除当番、ソフトウェアクリーナーの機能とは?

 ソフトウェアクリーナーは、カスペルスキー セキュリティ 2017(Windows版)に搭載されている便利ツールのひとつ。PCの中にある使用頻度の低いソフトや長期間使用されてないソフト、PCに害を為すかもしれないアドウェアなどを高速で検知し、リストアップしてくれる。リストアップされたソフトは、クリックひとつで削除が可能で、「コントロールパネル」から「プログラムの削除」を行うよりも簡単にストレージの整理ができる。

 各ソフトには「ほとんど使用されていない」「開発元でサポートされておらず、脆弱性を含む」といった削除候補の理由が表示され、すぐ削除するか、しばらく残す(リストから非表示)かを選べるので、本当に不要なソフトだけを削除できるのも便利。



この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう