週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

「Aterm W1200EX」なら、ボタンを押すだけの簡単設定

あれ? この部屋だけネットが遅い!? -「Wi-Fi中継」でそんな悩みはスッキリ解決!

2016年12月05日 11時00分更新

コンセントに差してWPSボタンを押すだけ! Wi-Fi中継機で11acの弱点を解決!!

 11acの通信速度は確かに高速なのだが、場所や障害物などの状況によって電波が届きにくくなり、通信速度が低下することがある。こんなときこそ、前述したWi-Fi中継機の出番だ。Wi-Fiホームルーターからの電波が十分に届く範囲に設置することで、さらに電波を遠くまで飛ばすことができる。Wi-Fi中継機はさまざまなモデルが発売されているが、ここではNECプラットフォームズの「Aterm W1200EX/W1200EX-MS」をオススメしたい。長年の信頼と実績を誇る「Aterm」ブランドであるだけでなく、高いスペックと豊富な機能を備えているからだ。

「Aterm W1200EX」(左)と「Aterm W1200EX-MS」(右)

 「Aterm W1200EX/W1200EX-MS」は壁のコンセントに直差しするタイプのWi-Fi中継機で、Wi-Fi運用のみならケーブルの取り回しが必要ない点がポイントだ。ボディは非常にコンパクトで、コンセントの差込口にセットし、親機とWPS接続するだけで利用可能になる。また、「Aterm W1200EX/W1200EX-MS」本体底面部に有線LAN端子を備えており、テレビや家電レコーダー、デスクトップPCなどWi-Fi非対応のデバイスLANケーブルをつなげばネットを利用できるようになる。

「Aterm W1200EX」の側面。下のコンセントに差すことで、上のコンセントに干渉しないように設計されている。側面部には状態表示用のLEDとWPS接続用の「SET」ボタン、リセットボタンを配置

底面部の有線LAN端子(100BASE-TX)は、Wi-Fi非対応のネットワークデバイスをLANケーブルで接続するときに利用する

 「Aterm W1200EX/W1200EX-MS」が対応しているWi-Fi規格は、IEEE802.11ac/n/a/g/bだ。2×2 MIMO(2ストリーム)対応で、理論上の最大通信速度は867Mbps(11ac接続時)。さらにビームフォーミングもサポートしており、対応端末の通信速度が向上するという効果がある。

設定は簡単! ボタンを押してWPS機能を有効にするだけ

 設定も非常に簡単で、親機のWi-Fiホームルーターと「Aterm W1200EX/W1200EX-MS」をWPS機能で接続するだけだ。本体の「SET」ボタンを長押ししてWPS接続機能を有効にしたあと、Wi-Fiホームルーター側(親機側)のWPS機能を有効にするだけでいい(WPS対応製品であれば、Aterm以外のメーカーの製品を親機として使っていてもつながる)。SSIDや暗号化キー(パスワード)の入力などは必要なく、ボタン操作だけで済むのは非常にありがたい。

 また、「Aterm W1200EX/W1200EX-MS」を親機のWi-Fiホームルーターに接続するだけでSSIDや暗号化キーがそのまま引き継がれるため、スマートフォンやタブレット、PCなど端末側で新たに設定し直す必要はない。筆者も実際に試してみたのだが、スマートフォン側で設定を変更することはまったくなかったのは驚きだ。

iPhone 7、Xperiaが快適に!
「Aterm W1200EX/W1200EX-MS」で通信速度が向上!

 実際に「Aterm W1200EX/W1200EX-MS」を使った状態で先ほどと同じように回線速度を計測したところ、距離の離れた場所での回線速度が20~40%程度向上した。電波状況を確認しても、確かに電波の強度は増している。この速度であれば、問題なく利用できるはずだ。実際に浴室でネットの海外ドラマを視聴してみたのだが、画質が低下したり途切れることなく快適に楽しむことができた。

Wi-Fi中継機あり/なしでの回線速度(下り)の違い(iPhone 7使用時)

iPhone 7の電波強度
場所 中継機あり 中継機なし
A-B間 最大 最大
A-C間 最大 最大
A-D間 最大
A-E間 最大

Wi-Fi中継機あり/なしでの回線速度(下り)の違い(Xperia X Performance使用時)

Xperia X Performanceの電波強度
場所 中継機あり 中継機なし
A-B間 非常に強い 非常に強い
A-C間 非常に強い 非常に強い
A-D間 非常に強い
A-E間

 今回のテストではデバイスを1台しか接続していないため、Wi-Fi中継機なしの状態でも十分な速度が出ている。だが一度に複数のデバイスを接続していたり、光回線の速度が標準的ならば、実際の回線速度はもっと遅くなるはずだ。「Aterm W1200EX/W1200EX-MS」の効果をより強く感じられるに違いない。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう