週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

カメラを見るだけでロックを解除できる

Windows 10 Hello対応のウェブカメラってどうなの?

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

マウスコンピューターから発売された顔認証カメラ「CM01」。価格は7980円(送料込)

調査依頼
Windows 10 Hello対応のウェブカメラってどうなの?

 Windows 10の目玉機能のひとつ「Windows Hello」は生体認証で様々なロックを解除できる仕組み。しかし、今のところあまり普及していない。「普及していないから」普及しない」というジレンマに陥っているように見えたが、ここに来てマウスコンピューターからWindows Hello対応デバイスが発売された。

同社のサイトからドライバを入手する

 マウスコンピューターの「CM01」は、ディスプレイの上に設置して、ユーザーの顔を認証してくれる。Windows Helloに対応しており、パスワードやPINコードの認証なしにサインインできるのがウリ。サイズは53×135×22mmと横長で重量は115g。深度センサーを搭載しており、立体を認識できるので、顔写真のプリントなどでごまかすこともできない。

ドライバをインストールする

「設定」の「アカウント」→「サインインオプション」→「Windows Hello」に「顔認識」という項目が現れた

画面の指示に従いセットアップする

 早速デバイスをインストールし、「設定」から「サインインオプション」を開くと、「顔認識」が利用できるようになっている。「セットアップ」をタップして、顔を認識させれば準備完了。ロック画面でカメラの前に顔を持って行くと即認識してくれた。

万一の備えて、PINも設定しておく

めがねを付けている人は、外した状態で制度を高めておくといい

カメラの前に顔があれば即認証してくれる

 この手軽さと安定感は大満足。今後発売するすべてのWindows 10端末に搭載して欲しい。もしくは一般的なウェブカメラはなくしてコストダウンし、外付けのWindows Helloデバイスを購入する予算に回せるようにして欲しいところだ。


これでズバッと解決!

 マウスコンピューターの「CM01」はドライバをインストールするだけで、Windows Helloを利用できる。カメラを見るだけでロックを解除できるのはとても便利だ


 Windows 10探偵団は毎週、月・水の午前9:00、日曜日の12:00に更新します。お楽しみに!


この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう