週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

これだけは入れたい、iPhone 7時代の新定番アプリ10選

2016年10月22日 12時00分更新

撮った写真を無料かつ無制限にバックアップ
「Google フォト」

Google フォト - たくさんの写真や動画を無料で保管 App
価格無料 作者Google, Inc.
バージョン2.2.0 ファイル容量134.9 MB
カテゴリー写真/ビデオ 評価(4.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 8.1以降

 約1600万画素以下の写真やフルHD動画を、無料かつ無制限に保存できるクラウドサービス。バックアップをこのサービスに任せておけば、標準のiCloudほか各社のクラウドサービスの容量を写真や動画で圧迫せずに済む。

 現在のiPhoneのカメラは最大1200万画素なので、撮った写真はそのままの画素数でバックアップできる。バックアップ時には若干の圧縮がかかるものの、肉眼ではほぼわからないレベルだ。写真や動画のバックアップ手段として、メインとサブどちらの役割で使っても便利なサービスだ。

最新の写真から古い写真までバックアップ。自動で写真の内容を分類して表示する機能も

基本は1600万画素までの写真を保存する無制限モードで利用する

iPhone 7で撮った元画像。3024×4032ピクセルで容量は1.79MB

Googleフォトでバックアップ後の画像。画像サイズは同じで容量は1.15MBに圧縮されているが、ほとんど見た目の差はない

標準「マップ」は強化されるも未提供の機能も
経路検索は定番アプリにまかせよう

 iOS 10の注目の強化ポイントとして、標準「マップ」の日本の交通機関を利用した経路検索がある。だが、この機能はまだ提供されていない。iPhone 7/7 PlusへのSuica対応が始まるころには開始されることを期待したい。

 定番の「Googleマップ」や「Yahoo!乗換案内」は一部地域のバス対応のほか、アプリによっては事故や災害時の情報更新にも対応するなど、かなり細かい機能も実現している。iOS 10のウィジェットにもいち早く対応。付近の乗り換え情報などを素早く確認できる。

iOS 10の「マップ」は日本の交通機関の経路検索に対応予定。だが、10月18日現在まだ提供されていない

「Googleマップ」やYahoo!乗換案内」は、iOS 10の新機能であるウィジェットにも対応

乗り換えからお店検索までトータルに対応
「Google マップ」

Google マップ - ナビ、乗換案内 App
価格無料 作者Google, Inc.
バージョン4.23.0 ファイル容量90.7 MB
カテゴリーナビゲーション 評価(4)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 8.0以降

 ナビ機能は、徒歩や日本の交通機関の経路検索、渋滞情報を含めた車のナビにも対応。マップ機能はお店検索のほか都市部のビルや地下街の案内、航空写真や高度も確認できる。iPhoneを入手したら真っ先に入れたいアプリだ。

Googleマップは提供当初から経路検索に対応。事実上のiPhone標準マップとして定番のアプリだ

地下街やビルのマップ表示にも対応している

交通機関の経路検索に加えて、遅延通知や徒歩にも対応
「Yahoo!乗換案内」

Yahoo!乗換案内 App
価格無料 作者Yahoo Japan Corp.
バージョン5.7.0 ファイル容量66.0 MB
カテゴリーナビゲーション 評価(4.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 8.0以降

 元々は駅間の乗り換え案内アプリだが、現在地から目的地の住所までのトータルナビや周辺のスポット検索にも対応。徒歩区間はマップ表示に加えて「Yahoo!地図」を起動してのナビ機能も利用できる。よく使うルートの登録や、遅延通知、持っている定期券を加味したルート検索にも対応している。ルート検索結果はLINEやメールで共有したり「カレンダー」にも保存できる。

乗り換え案内に加えて、遅延情報を加味した検索にも対応

目的地までの徒歩ルートも確認できる

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう