週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

従来ビルドは10月1日で期限切れに

Windows 10 Insider Preview、ビルド「14926」が登場

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

従来ビルドは10月1日で期限切れになる。この画面が出たユーザーはなるはやでアップデートしよう

監視報告
Windows 10 Insider Preview ビルド14926が登場

 9月14日、Windows 10 Insider Previewの最新ビルド14926がFast ring向けにリリースされた。トピックとしては、まず従来ビルドの期限が設定されたことが挙げられる。古いビルドは10月1日に期限が切れ、3時間ごとに再起動するようになる。また、10月15日には起動できなくなるので、早めに更新しておくようにしよう。ちなみに、ビルド14926の更新期限は2017年の5月1日となる。

Edgeのタブを右クリックすると、「Snooze」という項目が利用できる

スヌーズのタイミングなどを指定し、リマインダーに登録する

時間になると、Microsoftアカウントを使っている端末にメッセージがポップアップする

 新機能としては、まずEdgeブラウザのタブにスヌーズ機能が追加されている。タブを右クリックして、「Snooze」を選択すると、コルタナにリマインダーを追加できる。時間が来れば、同じマイクロソフトアカウントでサインインしている全端末に通知が来る。通知画面から、Edgeを開くこともできる。

Edgeの設定から、お気に入りをファイルに出力できる

 他にもいくつか変更点がある。例えば、Edgeに関してなら、あたららしい拡張機能がいくつか利用できるようになったり、お気に入りをHTMLファイルにエクスポートできるようになった。

 また、プリインストールされているアプリをアンインストールした場合、Insider Previewのビルドをアップデートしたときに、再インストールしないようになった。Windows 10にサインインする際などにPINコードを入力するが、Num Lockのオンオフにかかわらず数字で入力されるようになったのも便利。Num Lockを意図せずにオンにしてサインインできなくなってしまうというのは、初心者が遭遇する頻度の高いトラブルなので、ありがたいところだ。


これでズバッと解決!

 ビルド14926では、Edgeの機能が強化された。タブのスヌーズ機能を搭載したほか、新しい拡張機能やお気に入りのエクスポート機能を利用できるようになった


 Windows 10探偵団は毎週、月・水の午前9:00、日曜日の12:00に更新します。お楽しみに!


この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう