週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

情報収集の際にとても便利

Windows 10が捗るEdgeと拡張機能Pocketの使い方を教えて

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

Edgeの「拡張機能」を開き、「ストアから拡張機能を取得する」をクリックする

調査依頼
Edgeと拡張機能Pocketの使い方を教えて

 後で読むサービス「Pocket」は情報収集の際にとても便利なツールだ。興味のあるウェブページを見つけても、その場で読めないときはPocketに登録しておけばいい。後でまとめて閲覧できるのだ。ブックマークと違ってずっと残るものではないので、気軽に利用できる。

 Edgeの拡張機能にも、このPocketにウェブページを追加できる機能が用意されている。まだEdgeで使える拡張機能は少ないので、是非活用したいところだ。

「Save to Pocket」をインストールする

「有効にする」をクリックし、Pocketにサインインする

 まずは、Edgeに拡張機能の「Save to Pocket」をインストールする。現在は、Windowsストアからインストールできる。ストアの検索機能から探してもいいのだが、Edgeのメニューから「拡張機能」を開くと、リンクが用意されているのでこちらの方が楽。拡張機能を有効にしたら、Pocketのアカウントでサインイン。

Edgeの拡張機能欄に追加されているのでクリックし、「アドレスバーの横にボタンを表示する」をオンにする

保存したいウェブページがあったら右上のPocketアイコンをクリックするだけで登録できる。フォームに入力すればタグを追加することもできる

 これで使えるようになるのだが、ブラウザの右上にPocketのボタンを出しておくことをお勧めする。オプションを開いて、「アドレスバーの横にボタンを表示する」をオンにしよう。ポケットのアイコンのようなボタンが現れるので、追加したいウェブページを表示したままクリックしてみよう。即保存され、タグの入力フォームが現れる。タグを追加した場合は入力しよう。もちろん、そのままでもOK。

Pocketに追加されていた

クリックするとすっきりしたデザインで閲覧できる。「元のページを表示」で、直接元サイトで表示することもできる

 Edgeでウェブを見ていて面白そうなウェブページがあったらどんどんPocketに登録し、通勤時間にスマートフォンで閲覧すれば、とても効率的に情報収集できるのでお勧めだ。


これでズバッと解決!

 WindowsストアからEdgeの拡張機能「Save to Pocket」をインストールし、設定からボタンを表示。後は気になるウェブサイトをどんどん追加できる


 Windows 10探偵団は毎週、月・水の午前9:00、日曜日の12:00に更新します。お楽しみに!


この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう