週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

さっそくiPhone 7 Plusを水に沈めたり攻めたりしてみた

2016年09月16日 22時00分更新

 iPhone 7とiPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2が発売された。全体的にiPhone 7 Plusが品薄のようで、とくにブラックとジェットブラックは、当日販売分もなければ、入荷も当分先というのは既報の通りだ。筆者は、iPhone 7 Plus(ローズゴールド)を予約していたので、9月16日の朝8時50分あたりに入手に成功。その後、Apple Watch Series 2の当日販売分確保をしたといった流れだった。

 iPhone 7/7 Plusのアップデートを見ると、大きな変更点は待望のIP67対応(耐水)だろう。Androidやフィーチャーフォンと比較するとようやくの対応で、水濡れによる故障は保証対象外など、条件付きながらタフな環境に持ち込めるので、真っ先に試そうと思ったわけだ。

 そんなわけで、初期設定を終えた直後に水没させて遊んでみたところ。編集部より「ちゃんとした恰好で!」とオーダーがあったので、正装を採用。IP67なので、防塵+水没はOK。ただし、常温で浅いところに30分ほど耐える程度。お風呂は、あまりオススメできない

ようやく、裸で沈められるようになった

アウトドアを重視したAndroidスマホだと、タッチパネルに水滴が付着しても、誤タップが発生しにくいモードが存在するが、iPhone 7/7 Plusにはナシ。水滴が動くとタップ扱いになることが多い

 水責めを食らう様子を、iPhone 7 PlusのiSightカメラ見た場合。水中撮影も短時間ながら結構いけそうだ

というわけで、防水を満喫したので、次回はiPhone 7 Plusを自分色に染めようと思う

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう