週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

忘れ物をしたときに教えてくれるIoTデバイス「MAMORIO」を体験してみた

2016年09月14日 06時30分更新

 忘れ物や落とし物は、それほど高価な物でなくても、落とした本人にとってはダメージが大きい。忘れたり落としたりしたら、可能な限り早く気がつきたいもの。そんなニーズに応えて登場したのが、「MAMORIO」。今回は、なくしたものを見つけるIoTデバイス「MAMORIO」を体験してみた。

「MAMORIO」の入ったバッグを忘れて店を出たら、スマホに「バッグは手元にありますか?」というメッセージが出るので安心

MAMORIO(マモリオ)
プラットホーム アプリ、ハードウェア 企業名 MAMORIO株式会社
代表 増木大己 設立 2012年7月
取引形態 BtoC、BtoB 利用料金 3780円(1枚)~

MAMORIOをBluetoothでスマホに登録する

 MAMORIOは縦35.5×横19×厚さ3.4mmと超コンパクトなIoTデバイスだ。Bluetooth 4.0でスマホと連携できる。バッテリーが入っているが、Bluetooth Low Energyに対応しているので、電池寿命は約1年と長い。このデバイスを入れたバッグや財布などをスマホで監視し、忘れ物をしたらアラートを出したり、なくしたときの場所を検索したりできるのだ。

 まずは、初期設定を行う。アプリをインストールしたら、アカウントを作成し、手持ちのMAMORIOを登録する。その後、用途を選んだり写真を登録すれば完了だ。

コンパクトなMAMORIO。SDカードと並べみると小ささがわかる

「MAMORIO」アプリをインストール

通知は必ずオンにしておく

「新規アカウントを登録」でアカウントを作成する。作成済みの場合は、ログインする

GPSの利用を許可する

Bluetoothをオンにする

アプリが起動した。「新しいMAMORIO」を登録をタップする

MAMORIOを画面の上に載せる

10秒ほど待とう

検出されたら、次へ進む

用途を選ぶ。今回はバッグに入れてみる

「写真を追加」をタップする

MAMORIOで監視するものを撮影する

MAMORIOが登録された

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう