週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

手軽にメモがとれビジネスシーンでも活用できるAndroidアプリ3選

2016年09月07日 23時18分更新

 最近は紙のメモ帳は使わずに、スマホをメモ帳がわりにしているというユーザーも多いはず。そこで今回はXperiaにインストールしておけば、ビジネスシーンでも活用できるメモアプリ3つをピックアップ。手書きや音声入力に対応したアプリも多いので、紙のメモ帳よりも手間をかけずに素速く入力できるので便利ですよ!

※アイコン横のアプリ名をクリックでPlayストアに移動します。

Windows PCとの連携が便利!
「OneNote」

OneNote

作者:Microsoft Corporation
価格:無料


 マイクロソフトのデジタルノートアプリで、Windows用のPC版とも連携しているのがポイント。スマホでメモした内容をPC版で清書するといった使い方ができます。写真やイラストなども貼り付けられるので、会議などに使う資料を作るアプリとしてもピッタリ。手書き入力にも対応しているので、スタイラスと組み合わせて紙のメモ帳感覚で記入していくこともできます。

ソフトウェアキーで入力していくと、データはクラウド上に自動で保存される

画像データなどを貼り付けて、手書き文字と組み合わせたメモも作成可能

線の種類は3つ。それぞれカラーの変更が可能

チェックリストも作成できるので、買い物リストなどに活用できる


音声入力も可能なGoogle製メモ
「Google Keep」

Google Keep

作者:Google Inc.
価格:無料


 外出先で思いついたことや気になることをサッとメモしておくのに便利なアプリ。メモ入力に音声入力が使えるのもこのアプリの特徴で、音声は自動で解析されテキスト化してくれます。メモには音声データも一緒に貼り付けておけるので、誤変換などがあった場合も、あとで聞き直しが可能。リマインダー機能も装備しているのでToDOやちょっとしたスケジュール帳としても活用できます。

入力したメモはディスプレー上にサムネイルとして表示される

音声入力に対応しており、話しかけるだけでOK

音声入力の場合、変換されたテキストと入力した音声データの両方がメモに記入される

手書き入力にも対応しており、ペンの太さなどカスタマイズ可能


手書きメモの入力に特化
「MetaMoJi Note Lite」

MetaMoJi Note Lite

作者:MetaMoJi Corp.
価格:無料


 手書きメモの入力しやすさに注力をおいて開発されたメモアプリです。線の種類や色が豊富なのでちょっとしたイラストの書き込みも可能。背景も単色だけでなく、市販の大学ノートふうの罫線が引かれたタイプなども用意されているので、紙のノートと同じように利用できるのも便利ですよ。PDFを取り込んで、上から手書き文字やテキストを書き込む機能もあります。

背景となるノートの種類は罫線から格子まで複数用意

PDFの校正用アプリとしても使いやすくてオススメ

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう