週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

3分動画で紹介:

モーションセンサーで家電を遠隔操作『singlecue』 in イスラエル

2016年09月12日 07時00分更新

 ベンチャー、スタートアップのサービス、事業の魅力を3分間の動画でお届けするASCII STARTUP ライトニングトーク第70回は、モーションセジェスチャーで操作を可能にする家電コントロールソフト『singlecue』だ。

 プレゼンしてくれたのは、EyeSight TechnologiesのTal Krzypowバイスプレジデント。同社の事業説明は動画をご覧ください。

 動画で説明していた『singlecue』は、モーションセンサー技術を用いたデバイスおよびソフトウェア。タッチフリーで操作が可能なスマートホームの実現を目指している。高精度なアルゴリズムにより、特別なカメラなしで遠隔モーションコントロールを実現、モバイルアプリから電化製品を登録するだけでテレビやエアコン、照明などを操作できる。現在、販売しているsinglecueはタッチフリーでテレビ操作を実現することに加えて、ジェスチャーや表情などを分析することで番組のエンゲージメントや視聴者の情報を取得、テレビ局の番組分析などをサポート。VRや家庭用ロボット、自動車産業での展開も視野に入れて活動している。(動画提供:Aniwo)

■関連サイト
EyeSight
PitchTokyo

“ASCII STARTUP ライトニングトーク”は、3分程度の制限時間内でのベンチャー・スタートアップ企業の代表による自社サービスのプレゼンテーション動画です。撮影はASCII STARTUPのFacebookページで、募集しております。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう