週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ドコモのフラッグシップ「Galaxy S7 edge」を写真でじっくり見る!

2016年05月13日 10時00分更新

 ドコモの夏モデルとして登場し、5月19日には他のモデルに先んじて発売されるサムスン電子の「Galaxy S7 edge SC-02H」。

 5.5型の有機ELディスプレーはフルHD越えの1440×2560ドット。CPUには最新最速のSnapdragon 820(クアッドコア)を採用、メモリーは夏モデル最大の4GB、内蔵ストレージは32GB、OSはAndroid 6.0を搭載するなど、フラッグシップにふさわしいスペックだ。

 また、ネットワークも下り最大375Mbpsというドコモ最新のサービス「PREMIUM 4G」に対応する数少ないスマホ。そのうえ、防水・防塵、外部ストレージ(microSDXC)の追加も復活し、VoLTE(HD+)、指紋認証、おサイフケータイ、ワンセグ/フルセグ、IEEE802.11acなどなど、最新のテクノロジーが全部入り。

 デザイン面も特徴的で、エッジスクリーンと呼ばれる湾曲したディスプレーを採用したことで、ディスプレーサイズのわりに本体サイズが小さく感じ、持ちやすさが格段に上がっている。

 さらにカメラ機能もGalaxy S7 edgeの目玉で、超高速オートフォーカスを可能にする「デュアルピクセルセンサー」とF値1.7というレンズのおかげで、暗い場所で動いている被写体を撮りやすくなった。被写体を捉えた瞬間にピントが合ってシャッターが押せる、そんなスピード感で使える。

 また、発売日までに予約をすればサムスン電子製のVRHMD「Gear VR」がもらえるキャンペーンも行なっており、買ったら即VR体験ができるのは魅力的だ。

両サイドがラウンドしているエッジスクリーンを採用しているので、独特な形状をしている

珍しくイヤホンジャックは下部にある。microUSB端子もそうだが、キャップレス防水だ

エッジスクリーンのおかげで、薄く持ちやすいデザイン。この湾曲した部分によく電話をかける相手などを設定しておける

指紋認証を搭載しているのでセキュリティー面も安心。フロントカメラのレンズもF値1.7なので、暗い場所での自撮りが捗る

このギラギラな表面は好き嫌いが分かれるかもしれない。カメラレンズの飛び出しは、かなり少なくなった

デザインは唯一無二、スペックは最強のGalaxy S7 edge。買い換え検討リストのトップに加えておいて損はない

ドコモ「Galaxy S7 edge SC-02H」の主なスペック
メーカー サムスン電子
ディスプレー 5.5型有機EL
画面解像度 1440×2560ドット
サイズ 約73×151×7.7mm
重量 約158g
CPU Snapdragon 820
2.2GHz+1.6GHz(クアッドコア)
内蔵メモリー 4GB
内蔵ストレージ 32GB
外部ストレージ microSDXC(最大200GB)
OS Android 6.0
最大通信速度 下り最大375Mbps
LTE対応周波数 2GHz/1.5GHz/1.7GHz
/800MHz/700MHz
キャリアアグリゲーション ○(2GHz+800MHz+1.7GHz)
VoLTE ○(HD+)
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:1220万画素(F値1.7)
/イン:500万画素(F値1.7)
バッテリー容量 3600mAh(交換不可)
FeliCa
NFC
ワンセグ/フルセグ ○/○
赤外線通信 ×
防水/防塵 IPX5、8/IP6X
生体認証 ○(指紋認証)
SIM形状 nanoSIM
連続待受時間(LTE/3G) 約420時間/約450時間
連続通話時間(LTE/3G) 約1260分/約1350分
カラバリ Black Onyx、White Pearl、Pink Gold
発売時期 5月19日

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう