週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

yenta、人工知能がつなぐマジメなビジネスマッチングアプリ

2016年05月12日 07時00分更新

「ガチっとスタートアップ」は、ガチ鈴木が日々の取材で見つけたスタートアップの中から、個人的にググッときたサービス、プロダクトを紹介するコーナーである。

『yenta』は人工知能が登録者を審査して、相性の合う人どうしをマッチングさせるマジメなビジネスのための出会い系サービスアプリだ。IT、ウェブ業界の求人メディア『Green』や人工知能やビッグデータで採用を支援する『TalentBase』を手掛けるベンチャー企業アトラエの新サービスだ。

 yentaは審査に通過したビジネスマンだけが利用できる完全審査制のマッチングサービス。審査は人工知能を利用しており、自分と相性の良いに登録しているメンバーとマッチングされる仕組みになっている。毎日12時に相性の良い相手が10人レコメンドされ、Tinderふうのユーザーインターフェイスで左右スワイプで会ってみたい人を“興味あり”に登録。

 マッチングした場合、その日の夜20時に結果が届く。あとはメッセージのやり取りなどでコミュニケーションを取り、実際に会うかを決められる。ランチ機能を備えており、日付を決めるのに役立つ。

 現在は東京エリア限定のサービスとなっているが、ユーザーの増加にしたがって、段階的にエリアを拡大していくとしている。すでにサービスでマッチングして、はじめて知り合った人どうしがビジネスにつながったという事例も出てきているという。AIが相性のいい大手企業とスタートアップがマッチングすることで、オープンイノベーションの動きも加速させそうな今後が楽しみなサービスだ。

■関連サイト
yenta

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう