週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

AndroidからAndroidへ電話帳のデータを移行する方法

2016年04月30日 09時00分更新

新端末ですること

 1.SDカードを挿入する

あらかじめスマホの電源を切ってから、SDカードをスロットに挿す

 2.電話アプリを立ち上げる

スマホの電源を入れたあと、[電話]アプリをタップする

 3.電話帳を開く

連絡先ボタンをタップする

 4.電話帳のメニューを開く

右上のメニューボタンをタップする

 5.インポート(書き込む)を選択

[連絡先インポート]をタップする。メニュー画面に項目がない場合は[設定]を開くと、その中に該当する項目がある

 6.SDカードを選択

連絡先が保存されている[SDカード]を選択

 7.保存先は「本体」を選ぶ

データの保存先は「Google」ではなく「スマホ本体」でいい。ここでは[docomo]がスマホ本体に該当するのでタップ

 8.保存するデータを選択

連絡先のバックアップデータがSDカードに複数保存されている場合、どのデータを使用するか選択する必要がある。日付がもっとも新しいものを選び、[OK]をタップすると書き込みが始まる

 9.電話帳の移行が完了

書き込みが終わると電話帳画面に戻り、移行した連絡先が表示される

メール添付で電話帳の移行ができる

 エクスポートした電話帳のデータをGmailに添付して自分宛に送ることができる。新しいスマホでメールを開いて添付ファイルをタップすれば、電話帳のインポートが可能だ。

電話帳データは「~.vcf」というファイル形式。多くは「PIM」というフォルダー内に保存される。ファイラーアプリで探して「共有」からGメールに添付できる。送信先を間違えないように注意

連載がまとめて本で読める!

 3月31日に『快適スマートフォン 2016 かんたん! スマホデータ移行 初めての格安スマホでも自分でできる』が発売されました。連載記事の内容も網羅されており、格安スマホをはじめ、スマホの機種変更をしようとする方の不安を取り除きます。

 ショップではやってもらえない各種データの移行を丁寧に解説。機種変更後もスムーズに使えるようにするコツを初歩から説明しています。


●格安SIMスタートガイド
●パソコンを使わなくても簡単にデータを移せます
●AndroidからiPhoneへの機種変更も大丈夫
●移行方法をチャートで選べます
●LINEなど、SNSをすぐに快適に使えます


■判型:A4変、96ページ
■ISBN:978-4-04-865797-6
■発売:2016年3月31日(木)
■定価:本体648円+税
■販売店:全国の書店、コンビニ、ネット書店など


■Amazon.co.jpで購入
この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう