週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

小瓶で3万円の日本酒「獺祭 磨きその先へ」も飲めるかも

獺祭飲み倒れ!!リッチな日本酒1年中飲み放題の「塩梅」がヤバイ

2016年04月20日 17時00分更新

全国の蔵元にトリップできる

 にゃお(尚の意 注:酔ってます)、塩梅の神楽坂店では飲み放題プランで新しく“全国蔵元めぐり”の企画を実施。毎月いくつかの地域を特定し、その地域の蔵元の日本酒を飲み放題対象に追加するというもの。

 4月は山口県と広島県がピックアップ。山口からは獺祭、貴など。広島からは酔心、一滴入魂などが揃っています。

 せっかくなので、記者も蔵元をめぐってきましたよ!!

 山口、旭酒造の「獺祭 スパークリング」も飲みました。香りよい、シャンパンみたい。おいしい、おいしい。

獺祭三昧。豪華!

 ちなみにこの日、獺祭の、磨きその先へ、磨き二割三分、スパークリングを飲みました。贅沢すぎ!!

 広島、酔心山根本店の「醉心 純米吟醸」。醉心は横山大観が愛したお酒と言われています。

 山口、永山本家酒造場の「貴 雄町 蔵付酵母山廃純米」。蔵にある独特の天然酵母で仕込んだという貴重なお酒!

 広島、賀茂鶴酒造の「一滴入魂 純米吟醸」。一滴ずつおいしいです!

 広島、中尾醸造の「誠鏡 純米 たけはら」。安芸の小京都と呼ばれる広島県竹原市でつくっています。

お燗おいしい~。

 誠鏡 純米 たけはらは燗をつけてもらいました。常温で飲むとどっしりとしたコク深い味わいですが、温かくするとまろやかになり飲みやすくなります。ウマイッ!!

飲み放題リストはチェック欄があります。塩梅さん、わかっている!

 なお、飲み放題のリストにチェック欄があるので、自分が飲んだものを忘れないように印をつけていけます。しっかりした紙なので、持ち帰って再来店した時にまた使えるというのもミソ。

 私は「50種全部飲む」と、つい意気込んでしまいましゅた。いや、さすがに1回では飲み切れない、飲むとキケン……。(お酒は適量に!)

5月の蔵元めぐりには「澤乃井」古酒が!超貴重!!

 しゃらに、5月の蔵元めぐりは東京、埼玉、茨城を予定しているということ。東京の澤乃井、埼玉の秩父錦や神亀が飲み放題に加わります。

5月に飲み放題に加わる「澤乃井 純米本地酒」

同じく、「神亀」

 澤乃井酒造からは、“純米本地酒”、“さわ音 生酒”などのほか、超レアな“大吟醸 古酒”も並ぶということ。「澤乃井の古酒はめったに飲めません」と、店長さんが胸をはって教えてくれました。

 また、蔵元めぐり以外の通常の飲み放題ラインナップに「黒龍 九頭竜 逸品本醸造」、「鳳凰美田 剱 辛口純米」、「蓬莱泉 秀撰」などが加わるということ。

「鳳凰美田 剱 辛口純米」。5月から飲み放題に加わります。

 黒龍、鳳凰美田なども言わずと知れた有名どころの日本酒ですよね。現在、飲み放題の対象は約50種弱ですが、よいものをさらに追加させたいので種類は増えることはあっても減ることはない、ということですよ。

5月から飲み放題の対象になる日本酒の面々です。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう