週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

けしてやってはいけなかった

アラサーが職場で愛を試した結果「あんこ」をもらった

2016年04月08日 21時00分更新

お返しを忘れているとは……。知りたくなかった男性の本音

●Q氏(40代前半)
・お返し内容:どら焼き5個入り(神楽坂の五十鈴)
・推定金額:1000円~1500円

<ナベコのコメント>
どら焼きというのが渋くて「え!?」となったけど、本当においしい。皮がしっとりと優しい。あんこも甘さ控えめで上品。ひとりで食べきれなかったので、親にもあげたけど喜んでました。でも、どら焼きというのはホワイトデーとしてはやっぱり渋いかも。

どら焼き。渋いチョイス。

●K氏(20代前半)
・お返し内容:なし。
・推定金額:―――

<ナベコのコメント>
お返しくれないとは、人間じゃない、ひどい、●●、●●ま●●●●。いい人だと思っていたのに、裏切られた。年上は嫌いですか。

 お返しをくれなかったK氏に関しては、ナベコはひどい剣幕を見せていた。社会的制裁が必要であるとして、写真の公開を依頼されたが、筆者は被チョコ者のプライバシーにも考慮し、目元を隠す処理を施した。

バレンタインデーのお返しをナベコにあげていないゆうこば。

●H氏(30代前半)
・お返し内容:Windows 8 Pro OS
・推定金額:1万4000円~1万7000円(実質0円)

<ナベコのコメント>
OS、高いですが、これH氏が仕事用に買ってちょうどあまっていたものなんです。ホワイトデーをすっかり忘れていたみたいで、私が泣きそうになったのを見て「じゃあこれ」ってぞんざいに投げ渡してきました。高いのはわかるけど、自宅のPCは8入れているし特に必要ないもん。売っちゃおうかな。

Windows OS。アスキーらしいといえばそうだが。

 H氏に関しても、ホワイトデーの存在を忘れていたのに関わらず「これ高いからな」と胸を反り返ってきた乙女心わからナッシングな態度に、ナベコは深く傷ついたという。筆者としてはナベコの意をくんで、そっとH氏の写真を貼っておくことにする。

ホワイトデーをまったくもって忘れていたというVRアダルティストの某氏。

嫌がらせにしか思えないお返しの数々

●YOJO氏(20代後半)
・お返し内容:越中ふんどし(男性もの)赤・白
・推定金額:1500円~2000円

<ナベコのコメント>
え!? ふんどし? なにさせたいの? ぽかん。

赤、白のふんどしが1枚ずつ。

 ふんどしに関しては、YOJO氏が上野にあるふんどし専門店に足を運んで調達したそうだ。動揺したナベコではあるが、とりあえず締めてみて記事にしたところ、それなり読者から反響があったので、それ以上考えることをやめたそうだ。

とりあえず締めてみた。

 ふんどしは一応下着(下着以外の何であるだろう)。なのでナベコは、「下着を職場の女性にあげる男の人、ヤバイ」とYOJO氏に対しての人物評を語っていた。

●ChuYan氏(20代前半)
・お返し内容:あんこ(計2.5㎏)+モナカの皮
・推定金額:4000円~5000円

<ナベコのコメント>
内訳は、こしあん1㎏+つぶあん1㎏+さくらあん0.5㎏。それとモナカの皮40枚。Amazonで会社に届きました(プレゼント梱包無し)。えと……。私、羊羹づくりとか趣味じゃないんですが、なんであんこ?

あんこ3種。……いったい。

 いよいよ開いた口が閉じなくなったナベコ。いわく、「ふんどしはウケ狙いとわかった。けど、あんこはよくわからない。ChuYan氏はキラキラした笑顔でプレゼントしてくれたし、かかった額も高かったみたい。だけどだけど、正直、大量にあんこがあってもお菓子づくりとかしないし、困る」ということ。

 あんこのプレゼントの真意はいったい!?

あんこ狂!? 24歳ゲーム担当をインタビュー

 さて、今回の話の核心にいよいよ迫るとする。

 あんこのプレゼントにナベコが首をかしげるのも当然。実はお返しの中でChuYan氏が一番お金をかけているようなのである。

 ナベコがいくらのチョコを渡したかというと約480円。ChuYan氏のお返しが推定4000円~5000円。バレンタインデーのだいたい10倍近くの額のあんこをホワイトデーに渡しているのだ。

 そこまでお金をかけるなら、女性に喜ばれる高級なケーキなども買えるし、アクセサリーやハンカチも買えるだろう。そこを、なぜ、あんこ?

あんこ3種にどういう思い入れがあるのだろうか。

 筆者もChuYan氏の本音が気になったため、特殊な手段を用い接触してみたところ、おそろしい真実が浮かび上がった。ChuYan氏は、24歳、ゲーム情報を担当する記者で。ハキハキと明朗な話し方をする青年。一見、爽やかそうに見えた。

 以下、インタビュー内容だ。

<ホワイトデーに女性にあんこ2.5㎏を送ったChuYan氏のコメント>

 あんこのことですか? あんこ、めっちゃ良くないっすか!? 始めはこしあん10㎏をナベコさんにプレゼントしようと思ったんですよ。グラム単位にすると10㎏だとかなり安いですし。でも、考えたんですけど、10㎏だと色々と重いじゃないっすか。だから、やっぱりこしあん5㎏送ろうって決めてたんですよ。

 で、3月10日くらいにAmazonで買おうとしたんですけど、ちょうど到着日が1日くらい間に合わなかったんですよね。こしあん、そんな発送に時間がかかるんすかね?

 えー、と思っていろいろ見ていたら、別のショップで桜あんを売ってて。桜あんって普通にオシャレっすよね!? で、そっちのショップでこしあんとつぶあんも1㎏単位であったんで、ふと思ったんですよ。ナベコさん、もしかして、こしあん5㎏より、桜あんとか粒あんとかも一緒にあったほうが嬉しいかなって。

 だって、こしあんとつぶあんと桜あんでいろいろと選べるじゃないですか。

 で、Amazon見てたら、オススメにモナカの皮が出たんで、これすごいって一緒に買いました。モナカの皮があればあんこ入れてモナカにできるんですよ。それすごくないっすか!? ナベコさん泣いて喜んでくれるだろうな~って、届くのチョー楽しみでしたよ。

 実際に反応はどうだったって? あ、もうチョー喜んでましたよ。本当にあげてよかったですよ。ちょっと泣きそうになってたぽいっす。

 なんではじめからこしあんに決めてたかって? え、なんでって、なんでですか? こしあんしかないじゃないすか。それ以外は考えつかなかったです。みんないろいろあげててすげぇなって思いました。

 あんこが好きかどうか? いや、別にモナカになってたら食べますけど、袋に入っているこしあんってどう使えばいいんですかね。自分ならいらないですよ。

 でも、プレゼントであんこってチョー良くないっすか!? なんでって? え、喜んでもらえるじゃないですか。

ホワイトデーのプレゼントにあんこを送るChuYan氏(24歳、ゲーム担当)。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう