週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

銀だこグループがお好み焼に挑戦!フワットロ食感と熟成肉が決め手

2016年01月15日 10時00分更新

熟成肉をお好み焼に入れるなんて、贅沢だけどおいしい!!

 お好み焼には、角切りの熟成肉がゴロゴロ。

 せっかくの熟成肉にソースをかけたら、味がわからなくなるのではないかと、心配する人もいるかもしれませんが、オリジナルブレンドのソースは香ばしくもこってりしていないので、肉の存在感が引き立っています。

 お肉の切り方も分厚いので、旨みがちゃんとわかります。

 お酒の〆ってラーメンに代表されるように、スルスルと食べたいものですよね。酒好きの記者も、あまりこってりしていると途中で持て余してしまうとうことがありますが、トロトロのさっぱりのお好み焼は〆に良いかも。十分ありです。

 ひとつ困りものは、おいしくてビールがしまらないこと。んっ?これは自分の問題?

つくるのに30分ほどかかる!

 なおお好み焼のフワットロ食感を出すには、熟練の技術で手間をかけてつくる必要があるそうです。

 調理にかかる時間は、なんと鉄板に火をつけてから約30分!

 片面、カタチをつくってからじっくり5分間おきます。

 ひっくり返して。

 この状態でまた4分おきます。

 30分かかるとは……。それでか、熟成肉お好み焼はランチタイムの提供はなく、ディナータイムのみ。別の料理をつまみながら早めに注文しておいたほうが良いですね。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう