2019年11月04日10時00分

アップルAirPods Proは「精神と時の部屋」だった!ソニーWF-1000XM3から乗り換えを決めた理由

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
Apple
左からAirPods Pro、AirPods第2世代、WF-1000XM3

 アップルは10月30日、第3世代にあたる新型のワイヤレスイヤフォン「AirPods Pro」を発売しました。筆者は普段、iPhone 11 ProをメインにAirPods第2世代(以下、AirPods 2)とソニーの「WF-1000XM3」の両刀でそれぞれメリット・デメリットを補い合いながら今日まで特に不満なく使ってきましたが、いつかひとつのモデルに絞りたいと考えていました。

 そして今回、アップルが発売したカナル型のイヤフォンがどんな性能なのか実際に試してみるべく、早速購入してみることにしました。価格は3万580円。ちなみに、執筆時点でAppleオンラインストアでの予約状況を見ると約3週間待ちの状態です。

AirPods Proへ乗り換えを決めたポイント

Apple
ソニーのWF-1000XM3から乗り換え

 結論から言いますと、価格こそ約3万円と決して“お試し”で購入できる製品ではありませんが、正直、iPhoneユーザーなら買わない理由がないほど完成度が高いです。

 では、具体的に何が良かったのか順に紹介していきます。

1.スムーズで気持ちいい操作感

Apple
iPhoneとのペアリングが超簡単!

 AirPodsを持っている人ならすでに体験していると思いますが、AirPods Proでもあのスムーズな連携は健在で、箱から出してからiPhoneとペアリングするまでの手間が超がつくほど簡単です。また、MacやiPadとの切り替えも手軽にでき、使用環境にあわせて連携する端末をストレスなく切り替えられるのは他にはないメリットです。

Apple
AirPods Pro(上)とAirPods 2(下)
Apple
AirPods Pro(上)とWF-1000XM3(下)

 また、3サイズのイヤーチップが付属したことでAirPods 2が耳に合わなくて断念した人でも調整して装着できるようになったのが特長で、さらに注目なのが「イヤーチップ装着状態テスト」という新機能です。

 イヤフォンを左右装着した状態で実行すると数秒間音楽が流れて装着具合を検証してくれるというもので、これにより、「この着け方であってるのかな?」「イヤーチップのサイズが自分の耳とあってるのかな?」といった疑問が一発で解決できます。iPhoneの画面上で視覚的に判断できるのはうれしいですね。

Apple
神機能「イヤーチップ装着状態テスト」が搭載

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking