2019年09月13日10時00分

iPhone 11にもっとも必要なのはダイエットだ!【山田祥平】

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

発表会の大半をカメラに費やす時代

 今年も例年通り新型iPhoneが発表された。想像通りでもあるし、想像を超えていた部分もある。

カメラ
スマートフォンなのか、スマートカメラなのか……

 昨年の購入をスキップしたので、今年はさすがに買い換える必要があるが、普通のユーザーにすすめるかどうか。率直な感想としては……、

 「カメラしか進化するところはないのかよ!」

 という印象が強い。スマホ利用でカメラの重要性が高まり、使う機会が多くなってきているのはわかるが、それ以外のところの訴求がほとんど感じられないのには、踊り場感が満載だ。もちろん、細かい部分ではいろいろと改良されているのだが、iPhoneはかなり古い機種でも最新OSがサポートされるので、新しいiPhoneを手に入れても変わった感が得られず、ワクワクを感じられない不安もある。

iPhone
機能マシマシはいいが、重くなりすぎはスマートさがない

 きっと来年のiPhoneは5G通信をサポートするだろうから、そのタイミングでの購入がベストだろうなと思いつつも、きっと買ってしまうんだろうな。しかし、本命のiPhone 11 Proが188gにまでなってしまったのはつらい……。今回のiPhoneに求めたかったのは、ズバリ、ダイエットだったのに。

※参考:iPhone 11 194g、iPhone 11 Pro 188g、iPhone 11 Pro Max 226g


■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking