2019年06月19日10時00分

スリープとスマートバックライトでバッテリー消費を抑えるXperiaテク

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 Xperiaを始めとするスマートフォンでバッテリーを多く消費するポイントのひとつが「ディスプレーの点灯」。極力ディスプレーを点灯させないほうが、長時間使用できます。そのため、未使用時に極力ディスプレーが点灯しないよう、スリープに移行するタイミングが設定可能です。まずは設定から「画面設定」へとアクセスし、「スリープ」をタップします。

157
設定にある「画面設定」をタップ
157
「スリープ」で、未使用時にスリープへ移行するタイミングが設定可能

 あとは、ポップアップウインドーに表示されたスリープ時間を選択するだけ。「15秒」から「10分」まで6つの段階が用意されています。未使用時はすぐにスリープにしたい場合は「15秒」を選べばOK。

157
いちばん速くスリープに移行するのは15秒

 ただし「15秒」や「30秒」など短い間隔を選んでいると、手に持って操作しているときでも、ちょっと手を休めるとスリープに移行してしまうケースも。そこで、手に持っているときはスリープに移行しない「スマートバックライト」も合わせて活用しましょう。

 「スマートバックライト」は同じく「画面設定」から設定可能。ただし「詳細設定」をタップしないと、設定項目として表示されないので注意です。

157
画面設定の「詳細設定」をタップすると「スマートバックライト」にアクセスできる

 スマートバックライトの設定はボタンをタップしてオン・オフを切り替えるだけなのでカンタン。設定をオンにしておけば、手に持っているとスリープで設定した時間を越えて操作していなくてもスリープに移行しなくなります。

157
スマートバックライトの機能はボタンをオンにするだけで使える

 スリープの設定時間と、スマートバックライト機能を組み合わせることで、自分の使い方にあったバッテリー節約のカスタマイズが可能。バッテリーの消費が激しいと感じているユーザーはいちどチェックしてみましょう!

※Xperia XZ3(ソフトバンク版)/Android 9で検証しました。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking