2019年04月23日22時00分

Core i9-9980HKは8C/16Tで5GHz駆動!ノートPC向け第9世代Core H爆誕

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

デスクトップPC向けにはPentiumとCeleronも追加

 デスクトップPC向けの第9世代Coreの追加モデルはかなり多いので、まずは通常電圧版から紹介しよう。なお、型番に「K」が付くものは倍率アンロック版で、「F」が付くものは内蔵GPU非搭載モデルとなる。

ASCII
デスクトップPC向けの第9世代Coreの一覧その1。黄色文字が今回の追加モデルとなる。
ASCII
デスクトップPC向けの第9世代Coreの一覧その2。

 型番はCore i9-9900(8コア/16スレッド、3.1~5GHz)、Core i7-9700(8コア/8スレッド、3~4.7GHz)、Core i7-9700F(8コア/8スレッド、3~4.7GHz)、Core i5-9600(6コア/6スレッド、3.1~4.6GHz)、Core i5-9500(6コア/6スレッド、3~4.4GHz)、Core i5-9500F(6コア/6スレッド、3~4.4GHz)、Core i3-9350K(4コア/4スレッド、4~4.6GHz)、Core i3-9320(4コア/4スレッド、3.7~4.4GHz)、Core i3-9300(4コア/4スレッド、3.7~4.3GHz)、Core i3-9100(4コア/4スレッド、3.6~4.2GHz)、Core i3-9100F(4コア/4スレッド、3.6~4.2GHz)の11モデル。

ASCII
デスクトップPC向けの第9世代Coreの一覧その3。こちらは省電力版。

 末尾に「T」が付く省電力版はいずれもTDPが35W。ラインアップはCore i9-9900T(8コア/16スレッド、2.1~4.4GHz)、Core i7-9700T(8コア/8スレッド、2~4.3GHz)、Core i5-9600T(6コア/6スレッド、2.3~3.9GHz)、Core i5-9500T(6コア/6スレッド、2.2~3.7GHz)、Core i5-9400T(6コア/6スレッド、1.8~3.4GHz)、Core i3-9300T(4コア/4スレッド、3.2~3.8GHz)、Core i3-9100T(4コア/4スレッド、3.1~3.7GHz)の7モデルだ。

 全モデルを通して興味深いのは年始の追加モデル発表の時も話題にしたが、Core i3シリーズで第8世代Coreでは省かれていたターボ・ブースト(TB)に対応している点である。また、Core i3-9300系はL3キャッシュが8MBと、ハイパースレッディングがあればもはや第7世代CoreのCore i7と遜色ない仕様になっている。

 また、Pentium Gold GシリーズとCeleron Gシリーズにも追加モデルが登場したので紹介する。

ASCII
Pentium Gold GシリーズとCeleron Gシリーズの追加モデル。

 Pentium Gold Gシリーズはいずれも2コア/4スレッド仕様でG5620、G5600T、G5420、G5420Tの4モデルをラインアップする。Celeron Gシリーズは2コア/2スレッド仕様でG4950、G4930、G4930Tの3モデル。どちらのシリーズもターボ・ブーストは非対応な点はこれまで通りだ。第9世代Coreと同様、Intel 300シリーズチップセットと組み合わせて使える。もちろん、Optane Memoryにも対応する。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking