2018年12月19日14時30分

特許庁、スタートアップ×知財戦略のポータルサイト開設

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
ts

 特許庁は12月19日、スタートアップに不可欠な知財戦略に関する基礎知識や支援施策、イベントなどの最新情報を集約した知財コミュニティポータルサイト「IP KNOWLEDGE BASE for Startup」 を開設したと発表。

 特許庁では4月以降、スタートアップに向けて知財戦略事例集などを公表するとともに、知財アクセラレーションプログラム(IPAS)、ベンチャー企業対応スーパー早期審査など、さまざまな支援施策を新たに展開してきた。

 これらの情報を集約して発信し、さらに、スタートアップやベンチャー・キャピタル、アクセラレータなどと、弁理士や弁護士などの知財専門家が共に参加するスタートアップ知財コミュニティを形成することを目指して、活動の基盤となる今回のサイトを開設した。

 掲示板、テーマ別勉強会などの会員限定情報や、CIPO(知財最高責任者)の普及に関する情報、スタートアップの知財活動に関する情報、スタートアップ向け支援施策、知財プロボノ・副業・インターンの普及に関する情報などを掲載予定。

 スタートアップが「まず見るサイト」、知財専門家と「つながるサイト」を目指して、コンテンツを充実させていくという。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking