2018年12月18日11時00分

Core i9-9900K&RTX 20シリーズでVIVE Proの動作状況を徹底検証

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

「VRカノジョ」編
クオリティ設定だとRTX 2080 Tiがベスト

 続いては、VR内で女の子とイチャラブできると話題となった「VRカノジョ」で試してみた。アクション製ほぼ皆無、描画もシンプルなゲームだが、キャラの造形が非常に細かく、実に多くのポリゴンや濃密な描き込みが使われるため、プレイヤーが恥ずかしがらずに注視すればするほど描画負荷は高まるようだ。

 今回の検証ではゲーム内の画質設定は標準の上の“クオリティ”を選択。“おさわり”モードから“勉強中”のシーンに入り、ひたすら胸の部分をガン見した時のフレームタイムを計測してみた。

VIVEPro
なぜ女子高生が自室でチャイナドレスを着ているのか? などと野暮な質問はしてはいけない

SS値=100の場合

VIVEPro
RTX 2080 Tiのフレームタイミング。大部分が9ms以内なので快適そのもの。若干スパイクが出ているが理由は不明
VIVEPro
RTX 2080のフレームタイミング。画質が“クオリティ”であるためか、ポリゴン数の多い部位に視線を向けると12m位まで処理に時間がかかる。身体から視線を外せば10msあたりになるようだが……
VIVEPro
RTX 2070のフレームタイミング。14msなので45fpsで安定する。ただRe-Projectionの力であまりフレームレートが下がった気はしない
VIVEPro
GTX 1070のフレームタイミング。18msまでかかるが、見た目のフレームレートはRTX 2070と変わらない

 画質設定を1段上げたのが悪かったのか、RTX 2080 Ti以外は90fpsのキープが出来ない状態。非VRゲームだとフレームタイムの増加に伴いフレームレートも徐々に落ちていくが、VIVE ProやVIVEでは90fpsの下は45fpsに落ち込むことが多い。つまりRTX 2080とGTX 1070はパフォーマンス的には雲泥の差があるが、見た目では区別することはできないのだ。

 もちろん画質を下げればフレームタイムはもっと下がるだろうが、それは次の機会があれば試したい。

SS値=200の場合

VIVEPro
RTX 2080 Tiのフレームタイミング。視線の先のオブジェクトにもよるが、軽い所で13ms、ポリゴン数が多い所では16ms程度。解像度も上がったのでCPUのコンポジター処理も時間がかかるようになった
VIVEPro
RTX 2080のフレームタイミング。20〜22msだが、所々22msを突破する
VIVEPro
RTX 2070のフレームタイミング。フレームタイムは最大47msを上回るので、30fpsの維持も難しい状態。このあたりから視線移動時に強い違和感を感じるようになる
VIVEPro
GTX 1070のフレームタイミング。1フレームの描画に37ms以上かかる。視線移動時に描画崩れが発生する

 RTX 2080 TiならSS値=200でもなんとか補完ありの90fps(実質45fps)で楽しめるが、RTX 2080より下は辛くなってきた。特にRe-Projectionが盛大に発生しまくるGTX 1070では、首を上下左右へ動かした時の周辺視野が一瞬黒くなったり、キャラの顔が崩れたりする。

 これはMotion Smoothing(Oculus Riftで言うところのAsynchronous SpaceWarp相当)の副作用でもあるのだが、逆に言うとMotion Smoothingを利用して描画が崩れる時は、GPUのパワー不足を疑った方がよい、ということも言える。

SS値=400の場合

VIVEPro
RTX 2080 Tiのフレームタイミング。さすがのRTX 2080 Tiでも22ms以内に処理を終えることはできない。ログ読みでおおよそ26ms程度かかる
VIVEPro
RTX 2080のフレームタイミング。38ms程度必要。CPUのコンポジター処理もGPUの処理遅延に引っ張られるように増大したフレームが出てくる
VIVEPro
RTX 2070のフレームタイミング。48ms前後。CPUのフレームタイムも11ms以内に収まらないケースが多くなってきた
VIVEPro
GTX 1070のフレームタイミング。1フレームに66ms程度かかるため、視線を動かすとキャラの顔が一瞬ホラー風になる

 SS値=200で重いのだから、400だとさらに重いのはあたり前の話。順当に負荷が増えていくのが分かるが、CPUのコンポジター処理時間もかなり長くなることがわかるだろう。メインストリーム8コアでは最速のCore i9-9900Kでも、GPUのフレームタイムに足を引っ張られて、処理が間に合わなくなってしまうのだ。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking