2018年11月24日15時00分

復活のアルピーヌ・A110は日本にピッタリのスポーツカー!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

誰もが楽しめる、低い速度域でも笑顔になれる
クルマをコントロールしている手応えを常に感じる

 さて、いよいよ試乗する。イグニッションボタンを押すと、直4ターボエンジン特有の低いエキゾーストが車内に心地よく轟く。ハンドルにそっと手を伸ばすと「いいクルマに乗っている」という感触がすぐに伝わる。

A110
センターコンソール。赤いボタンがイグニッション。シフトレバーはなくスイッチでドライブモードを切り替える
A110
ドライバーズシート。ハンドル右下に設けられた「SPORTS」ボタンがやる気にさせてくれる
A110
センターディスプレーではラップタイム等の計測表示が可能。なおカーナビはスマートフォンアプリを用いて対応する予定だ
A110
メーターボックス。LCDで表示される。写真はノーマルモード
A110
スポーツボタンを押した時のメーター表示

 まずは街中を走行。スポーツセダンのような乗り味で、やや硬めではあるものの快適そのものだ。振動の収束が驚くほど速く、スピードバンプをまるで「タタタッ」とダンサーが脚をタップしているかのような軽快さで、ライトウェイト車らしいフットワークに笑みが溢れる。

 そして視界の広さも印象的で、特に左右方向がとても広く死角が少ない。さらにスポーツタイヤであるにも関わらずロードノイズが室内に入ってこないのも素晴らしい。

A110
リバーススイッチを入れると、バックカメラの映像がメーター中央に表示される
A110
バックカメラはリアのナンバープレートの上に配置される。これは国内に最初に導入されるプルミエ・エディションには無い装備だ

 さらに今年初夏に受注したプルミエ・エディションにはない装備のバックモニターがとても便利。この画面が目の前に出るのも視線移動が少なくて大変に好ましい。ちょっとしたお買い物でもアルピーヌ A110は確実にこなしてくれるし、クルマに興味がない奥様でも扱えるフレンドリーさだ。

A110
峠道を走るアルピーヌ A110

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking