2018年10月01日15時30分

大阪大学、加速度を体感できるデバイスを開発

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
大阪大学1001

 大阪大学准教授の安藤英由樹氏らは、電気刺激を用いて加速度を感じさせるデバイスを開発した。通常VRコンテンツでユーザーに加速度を感じさせるためには、モーションチェアー等に乗せて動かす必要があるが、本デバイスはヘッドセットに搭載するだけで加速度の効果を与えることが可能である。

 この加速度を感じさせるデバイスは小型化・無線化を実現しており、Oculus Goなどの一体型VRヘッドセットにも搭載が可能。よりリアルな体験を実現することが期待されている。

 安藤氏は本デバイスについて、主にVR系アミューズメント分野におけるリアリティの追求や、ヘッドマウントディスプレイ使用において問題となるVR酔いを改善する技術として注目・開発しているという。今後の製品化やアップデートなどに期待したいところだ。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking