2017年11月25日12時00分

インテルのベアボーンで4Kテレビ用の超小型PCを組み立てた

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

組み立ては超簡単。OSインストール終了まで約30分(!?)

4KPC
まずは底面の4本のネジを緩める。ネジは外れないようになっているのでなくす心配はない
4KPC
底面カバーを開けた状態。内部2.5インチベイの下にメモリースロットがある

 さて、ベアボーンキットの組み立ては極めて簡単だ。本体底面のネジを緩めてカバーを外し、ストレージとメモリーをスロットに装着するだけ。

4KPC
ストレージを装着。4本のネジで固定する
4KPC
メモリーはちょっと狭いところにあるので慎重に差し込む

 メモリーのスロットは狭い場所にあるため、装着はコツと慎重さが必要だと思うが、自作をしたことのない初心者でもベアボーンに付属のマニュアルを見ながらやれば問題ないだろう。

 組み立てたら4Kテレビと接続し、電源を投入。なお、今回は東芝の4Kテレビ「レグザ Z810X」(50V型の実売価格 20万円前後)をディスプレーとして利用する。昔は「dynabook」との連携使用をウリにしていたこともあり、比較的PCとの親和性が高いテレビだ。

4KPC
今回使用した「レグザ Z810X」。液晶4Kテレビ最上位機種で、地デジ映像をきれいに表示できるのがウリ。全録機能まで搭載する

 テレビとHDMIで接続したら電源を投入。PCの画面が表示されるが、当然ながらエラーとなる。OSが入っていないからだ。

 そこで、Windows 10の入ったUSBメモリーを差して再起動。すると、インストーラーが立ち上がって導入の処理が開始される。

 Windowsのインストール自体は10分程度で済み、組み立てはじめてから30分ぐらいしか経過していない。

 だが、ここからが長かった。OSインストール時、LANにつなぐのを忘れたため、更新プログラムなどが適用されていなかったのだ。早すぎると思った……。

 Windowsの更新プログラムとインテルのハードウェアのドライバー更新、UEFI更新などを手動で行なった結果、なんだかんだで1時間半ほどかかった。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking