2017年05月10日18時00分

東京エレクトロン デバイス、IoT向け開発クラウド「Connexon」提供開始

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
東京エレクトロン デバイス、コネクソン
「Connexon(コネクソン)」

 東京エレクトロン デバイスは5月9日、IoT向けのノンプログラミング開発「Connexon(コネクソン)」を開発、サービス利用申し込みの受け付けを開始した。

 Connexonは、システム環境やデータ処理要件に合わせてIoTシステム構築に必要なデータ入力から出力までの一連のデータ処理プログラムを、プログラミングなしにWebベースで開発できるクラウドサービス。Connexonで開発したデータフローアプリケーションのバイナリデータをダウンロードして自社のIoTシステムにインストールでき、システムの開発工数とコストを削減できる。

 Web GUIを使ってプログラムなしにデータフローアプリケーションを開発でき、データ処理に必要なる機能コンポーネントはあらかじめ用意されている。機能コンポーネントとしてはファイル入出力やデータのフィルタリング、データベースへのインサート、HTTPノード間転送など。また、ユーザーがすでに使っている処理プログラムを組み込むことも可能。30日間の無料トライアルも用意されている。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking