2016年09月13日12時52分

ドコモ、月6000円で月20GB「ウルトラパック」 他キャリアに対抗

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
00

 NTTドコモは9月13日、「ウルトラパック」と名付けた新データ定額を発表した。

 ウルトラパックは、基本プラン「カケホーダイ&パケあえる」と組み合わせ可能なデータ定額に、ひとりで利用するユーザー向けの「ウルトラデータLパックTM」(20GB、月6000円、税抜)、「ウルトラデータLLパックTM」(30GB、月8000円、税抜)を追加。提供開始日は2016年9月14日から。

 さらに、家族でデータ量をシェアできる「ウルトラシェアパック50TM」(50GB、月1万6000円、税抜)、「ウルトラシェアパック100TM」(月100GB、2万5000円、税抜)も追加する。こちらは、提供開始日は2016年9月23日から。

a

 なおいずれのパケットパックも、余ったデータ容量は、翌月に繰り越しが可能としている。テザリングによる通信には、別途月額1000円(税抜)が必要となるが、2018年3月末(予定)までキャンペーンにより無料で利用できるとのこと。

 大容量のデータ定額に関しては、ソフトバンクが8日に、月6000円(税抜)で20GBの通信が利用できる「ギガモンスター」と名付けた新データ定額を発表。auは9日にほぼ同内容の「スーパーデジラ」と名付けた新データ定額を発表しており、ドコモもそれらに追従するかたちとなった。

 なお、ウルトラパックの提供開始にともない、2016年9月22日をもって「データLパック」「シェアパック20」「シェアパック30」「ビジネスシェアパック20」「ビジネスシェアパック30」の新規申し込み受け付けを終了する。ただし、それらのパケットパックを契約中のユーザーに関しては、継続して利用できるとしている。

iPhone 7の登場で高級Androidスマホは多くが存在価値を失う

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking