2016年08月23日17時48分

撮った写真をスマホに自動転送! ニコンがエントリー一眼レフ「D3400」発表

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
ニコン
ニコン
「ニコン D3400」。本体カラーはブラックとレッドの2色を用意

 ニコンは8月23日、エントリー層向けのデジタル一眼レフ「ニコン D3400」を発表した。9月16日発売予定で、ボディーのみの予想実売価格は6万5000円前後。

 D3400は、DXフォーマット(APS-Cサイズ)の2416万画素CMOSセンサーを採用するデジタル一眼レフ。BLE(Bluetooth Low Energy)に対応しており、同社の「SnapBridge」アプリをスマートフォンに導入することで、撮影した写真を自動で転送できるのが特徴だ。

 カメラの電源OFF時も接続状態を維持できるため、いちいちペアリングをし直す必要がない。同社の写真共有サービスへの自動アップロードや、著作権情報などの付記、スマホの日時・位置情報の同期なども可能となっている。

 画像処理エンジンには「EXPEED 4」を採用。感度はISO 25600まで設定できる。このほか、一回の充電で約1200コマの撮影が可能な大容量バッテリーを採用する。

 レンズキットは、「AF-P DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VR」が付属する「D3400 18-55 VRレンズキット」(予想実売価格 7万5000円前後)と、上記に加えて「AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR」が付属する「D3400 ダブルズームキット」(同10万5000円前後)を用意する。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking