2015年07月01日21時00分

格安スマホの選ぶポイントとhonor6 Plusの魅力に迫るイベントを楽天モバイルが開催

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 楽天モバイルは、渋谷の楽天カフェにてアンバサダーイベントを実施しました。事前に同アンバサダープログラムに登録した参加応募者から30名が選ばれており、ガジェット好きから格安スマホ初心者まで幅広いリテラシー層が集まりました。

楽天モバイル アンバサダーイベント
↑会場となった渋谷の楽天カフェ。
楽天モバイル アンバサダーイベント
↑楽天カフェではhonor6 Plusなどの実機展示のほか、販売も行なわれている。
楽天モバイル アンバサダーイベント
↑抽選・選考の結果、30名のアンバサダーが集まった。

今年は“格安スマホ”の認知度を上げたい楽天モバイル

 はじめに、楽天の鈴木暁氏から“格安スマホの賢い選び方”と題したセッションがスタート。もちろん同社はドコモのネットワークを利用したMVNO事業者として“楽天モバイル”を運営しています。しかし、鈴木氏は「“格安スマホ”という言葉を聞いたことのある人はかなり増えた。けれど、まだ詳しく知らない人、“ケチっているようで恥ずかしい”、“安かろう悪かろう”と考えている人もいらっしゃいます。なので、今年は業界全体で広く盛り上げていくべき」と語り、このセッションでは“格安スマホ”や“格安SIM”の基礎知識を説明しました。

楽天モバイル アンバサダーイベント
↑楽天 楽天モバイル事業 マーケティング・ユーザーエクスペリエンス部 副部長の鈴木暁氏。
楽天モバイル アンバサダーイベント
↑“格安スマホ”という言葉が先行しているが、スマホとしては低価格帯からハイエンドまでそろっていること、SIMカードも取り扱っていることを明示。
楽天モバイル アンバサダーイベント
↑現状ではドコモとauの通信回線を利用しているMVNO事業者が多いこと。インターネットに接続する前に、各事業者が通信を制御している。

 また、後半では「現状、料金体系などはどの事業者も似通っている」(鈴木氏)とも説明し、下記の“格安スマホ・SIMの選び方”を楽天モバイルの特徴を例にしてまとめていました。

【選び方・例】
・LINEなどの無料のメッセージアプリを使う場合は“SMS”が使えるものを選ぶ
・Twitterやメール利用がメインなら200kbps制限プランでも十分
・MNPにも対応。リアル店舗や受け付けのあるMVNO事業者は店舗で即日手続きが可能(ウェブのみだと番号の利用できない期間がある)
・使わなかったデータ容量を来月への繰り越せるほうがおトク
・購入時の特典や月々の利用料金の支払いで貯まるポイントなどを考慮する
など

楽天モバイル アンバサダーイベント 楽天モバイル アンバサダーイベント
↑キャリアメール等は引き継げないが、電話番号はほかの事業者から引き継げる。 ↑格安SIM・SIMフリー機の特徴を解説。SIMのサイズにはご注意を。

カメラ性能に自信をみせるファーウェイ

 つづいては、ファーウェイ・ジャパンの吉本晃氏が登壇し、同社SIMフリー端末で現在は楽天が独占販売を行なっている『honor6 Plus』の解説を実施。最大の特徴はやはり背面のダブルレンズカメラ(それぞれ8Mで13M相当の写真を撮影可能)で、約2倍の受光量があるので高精細な写真を撮れるほか、撮影後の再ピント合わせの機能などを紹介した。

楽天モバイル アンバサダーイベント
↑ファーウェイ・ジャパン プロダクトセンター 商品企画部長の吉本晃氏。
楽天モバイル アンバサダーイベント
↑最大の特徴はやはり背面のダブルレンズカメラ。
楽天モバイル アンバサダーイベント 楽天モバイル アンバサダーイベント
↑最速0.1秒の高速フォーカス。 ↑細かなボケ調節もダブルレンズカメラだからこその機能。
楽天モバイル アンバサダーイベント
↑会場ではiPhone 6 Plusとの比較が数回紹介されましたが、吉本氏いわく「本社に任せるときと比べると、まだまだソフトなほう」と述べ、会場が盛り上がりました。
楽天モバイル アンバサダーイベント
↑ピントをあとから変えられる“ワイドアパーチャ”モードは“honor6 Plusに相当惚れ込んでいる”という楽天の鈴木氏がデモを実施。

ユーザーからの質問も多く集まった

 また、イベントの各セクションではユーザーから楽天モバイル、ファーウェイに対して質疑応答を実施。こちらも参加したリテラシー層と同じような幅広い質問が飛び出しました。

【質疑応答・例】
●楽天モバイルに対して
楽天モバイルがKDDIのネットワークを利用する予定はあるか?
→検討はしている。お客様のニーズを随時調査していく。

“楽天でんわ”アプリはIP電話なのか?
→通常の通話回線を利用している。

なぜ“3.1GB”なのか? 他社より“0.1”多い理由は?
→100MBぶんだけ多くし、他社との差別化をし、おトクに使ってもらいたい。

Viberと楽天モバイルの組み合わせで何かユーザーにメリットはあるか?
→現状はない。ただし、Viberで話すほど楽天スーパーポイントが貯まるので、そのポイントは楽天市場など楽天グループで利用できる。

●ファーウェイに対して
honor6 PlusのAndroid 5.0アップデートは実施されるか?
→現在、鋭意検討中。

“タッチプラス”機能用のフィルムは楽天モバイルで売っているか?
→“タッチプラス”は専用フィルムを付けると操作ボタンを追加できる。現状、日本では取り扱っていない。

iPhone 6 Plusのケースは使えるか?
→袋のようなタイプなら入らなくもないが、推奨できない。楽天市場などでは専用ケースをいくつか扱っているのでぜひ購入してほしい。

音量下キーを2回押すと即撮影されるが、その後に表示される数字は何か?
→撮影してストレージに保存されるまでの時間。honor 6 Plus以外のファーウェイ端末にも搭載されている。

充電器は専用のものがあるのか?
→マイクロUSBで接続できる汎用のものを使ってほしい。

 なお、アンバサダーには3.1GBパックの基本料が1年間無料で使えるSIM(ユニバーサルサービス料と通話料などは別途課金)と今回紹介のあった『honor 6 Plus』がプレゼントされました。SNSや各ブログなどで“実際のユーザーとしての声”が続々掲載されるとのことなので、ユーザーの生の使用感ぜ気になる方はひ調べてみてください。

楽天モバイル アンバサダーイベント
↑各アンバサダーはその場でhonor6 PlusにSIMを挿入してAPNを設定した。これも手慣れた人からそうでない人までさまざまでした。

(2015年7月3日15時10分追記:記事初出時、ユーザーからの質問に対する回答の一部に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。)

●関連サイト
楽天モバイル
格安スマホ アンバサダープログラム

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking