2015年03月18日14時00分

縦画面表示&15.6型の大画面が使いやすい『LIFEBOOK GH77/T』徹底レビューその2 [PR]

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

LIFEBOOK GH77/T
●富士通 ●オープン価格 ●発売中

LIFEBOOK_GH77

ワイヤレスディスプレーで縦画面の活用を考える

 従来のPCとは、一線を画したコンセプトのもとに開発されたNew Style PCこと『LIFEBOOK GH77/T』。前回は、タブレットPCとデスクトップPCの良さを両立しているのか検証したが、第2回目となる今回は“縦画面”に注目してみたい。

 『LIFEBOOK GH77/T』の最大の特長は画面部分が分離するワイヤレスディスプレー。この特性を活かしてディスプレーを縦にして使うことも想定している。たとえば、縦にして置いても充電などができるように、コネクターもしっかりと用意されているのだ。

LIFEBOOK_GH77_2
↑ディスプレーの側面には、横置きでも縦置きでも対応できるよう、本体と接続するためのコネクターを2ヵ所に用意する(写真は縦置き時のコネクター)。

 まずは、定番とも言える“ウェブサイトの表示”だ。ディスプレーを縦に置き、『週アスPLUS』を表示してみる。画面に並ぶヘッドラインが、よりたくさん表示され、一度に把握できるニュースが増え、確かに見やすい。ほかにもいくつかのサイトをチェックしてみたが、ニュースサイト以外にも、Facebookでタイムラインを素早くチェックできたり、ウェブサイトの閲覧には効果絶大。

LIFEBOOK_GH77_2
↑ディスプレーを縦に設置して『週アスPLUS』を表示。横画面で利用したときに比べて、表示されるヘッドラインの数が増え、情報を素早くチェックできる。やはり、ウェブサイトの閲覧は縦画面での利用と相性が良い。

 次に、エクセルでいくつかのフォームを試してみた。商品別の売り上げ管理やTo Doリスト、スケジュール管理や家計簿などのファイルを作成・編集する場合は縦画面の一覧性が見やすく便利だった。住所録のように1セルに長めの入力がある横画面向きのフォームは、横画面のほうがひと目で一覧しやすすかったが、そんなときはサッと横画面に戻すだけだ。

LIFEBOOK_GH77
↑15分単位で記入ができるスケジュール管理表。縦画面にすれば時間軸が長くなるため、1日のスケジュールを丸ごと表示できるのが◎。

 また、ビジネス書類など紙への印刷を目的とする“Word文書”は圧倒的に縦画面での利用が便利。もし横置きにして用紙全体を表示させると左右に大きな空白ができてしまい、拡大表示すると、下半分が見えなくなる。しかし、縦画面であれば1枚をまるごと表示して、全体のバランスなどを確認しながら作業できる。もちろん、『LIFEBOOK GH77/T』は液晶部を即座に縦にも横にもできるので、編集するデータによって手軽に画面を回転することで、作業効率アップにつながりそうだ。

 最後は『LIFEBOOK GH77/T』をフォトフレームとして利用してみる。本体正面に人感センサーを搭載し、人が近づくと自動的に本体が起動、スライドショーを開始する機能を搭載している。実際にやってみると、正面の席に着かなくても近づくだけでスライドショーが開始された。センサーの範囲は本体正面方向に2メートル、左右120度とのことなので、一般的な家庭では部屋に入るだけでスライドショーが始まる印象。これは結構楽しい。一般的なフォトフレームの液晶サイズは7~10型程度だが、本機は15.6型と大きく見応えは十分。設置場所を問わない本機は人が集まるリビングに設置して、家族や友だちとのコミュニケーションツールとして使うのも良さそうだ。

LIFEBOOK_GH77_2
↑本体正面に人感センサーを搭載。本体から2メートル以内に近づくと反応する。左右の感知範囲は120度となっている。

 なお、今回、スライドショーで表示されている画像は、富士通が提供しているクラウドサービス『My Cloud』に保存したデータにアクセスして表示している。

LIFEBOOK_GH77
↑本体に近づくと、自動的にスライドショーを開始。本体に保存している写真だけではなく、My Cloudに保存している写真も対応しており、撮った本人も忘れているような懐かしい画像が表示されることもある。

 2回目となる今回は『LIFEBOOK GH77/T』の特長である縦画面での活用を検証してみた。ウェブサイトの閲覧をはじめ、工夫次第ではもっとさまざまな使い道がありそうだ。

●おもなスペック
(本体部)
CPU インテル® CoreTM i7-4712HQ プロセッサー(4コア/8スレッド、2.30GHz、最大3.30GHz)
メモリー/ストレージ 8GB/約2TB HDD
光学ドライブ BDXL対応スロットインBDドライブ
通信機能 IEEE 802.11b/g/n、Bluetooth4.0
インターフェース USB3.0×4、HDMI出力、ギガビットLAN、SDXCカードスロットほか
OS Windows 8.1 Update(64ビット)
Office Office Home&Business Premium
サイズ/重量 185(W)×241(D)×188(H)mm/約1.9kg

(ワイヤレスディスプレー部)
ディスプレー 15.6型IPS液晶(1920×1080ドット)
スピーカー ステレオスピーカー内蔵
最大通信距離 最大30m
バッテリー駆動時間 約4時間(JEITA Ver.2.0)
サイズ/重量 385(W)×255(D)×9.8(H)mm/約980g

LIFEBOOK_GH77

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Core、Core Inside は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。

■関連サイト
LIFEBOOK GH77/T製品ページ
富士通WEB MART
富士通公式ページ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking