2014年02月21日10時00分

ホリエモンのコレいいかも! 第40回 半端ない没入感のVRメガネとカメラ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

ホリエモンのコレいいかも!

 先日ニコニコ生放送『コズミック論だん』でも紹介した『オキュラスリフト』は、ゲームに特化したVRヘッドマウントディスプレー。GPSや加速度センサーに対応し、ディスプレーに表示されるカメラの画角を頭の動きに合わせることができる画期的なVRヘッドセットだ。グーグルのストリートビューが、顔の動きで操作できると思えばわかりやすい。

 しかし、オキュラスリフトは透過性のあるディスプレーではないので、装着すると画面以外は何も見えなくなってしまう。この状況を逆手(?)にとり、考案されたのが、今回紹介する『Ovrvision』。オキュラスリフトにカメラをつけたハックだ。

『Ovrvision』
ホリエモンのコレいいかも!

 これの何がスゴイかといえば、完全な没入型のAR(拡張現実)が実現できること。これまでは、Google Glassのような画面の透過率の関係で微妙なARしかなかったが、これなら完全に視界にCGをスーパーインポーズ(合成映像効果)的に配置できる。カメラ越しの世界が広がり、CGで作られた人間がそこにいるかのような錯覚を味わえる

ホリエモンのコレいいかも!

 また、視覚交換など超不思議な感覚を体験できる。たとえば、“カメラからのリアルタイムの映像を映している最中に、同じ風景で人が大勢いる映像にこっそり切り替えると、見ている人は現実に人が大勢いると錯覚してしまう”なんてトリックも使えるようになるのだ。

 今後は、もっと多くのARがOvrvisionで楽しめるようになるだろう
 

 
■今週のガジェット■

Ovrvision

ホリエモンのコレいいかも!

 オキュラスリフト専用の魚眼カメラレンズ。カメラ画素数は1280×480ピクセル。使用するには、別途『Oculus Rift DevKit』(直販価格300ドル)が必要。

ホリエモンのコレいいかも!

↑今後、Ovrvision向けSDKの配布も予定されている。

発売 Wizapply(関連サイト)
直販価格 159ドル(約1万6000円)
 

■今週の近況■

ソニーのVAIO事業売却に思うこと

 ソニーのPCブランドであるVAIO。しかし手放すのは時すでに遅しといったところか。スマートフォンが普及してくると、PCの多くの機能を実装し、高機能でかつ価格も安くなるのはわかりきっていたことなのに、手を打つのが遅かった。

 私は9年前にそれを提言していたわけだが、あの時にVAIOブランドを売ってスマホ事業に大きく舵を切っていれば、昨今のソニーの苦境はなかったと思う。まあ、難しい経営判断ではあるけど

※この連載は週刊アスキー2014年3/4(2月18日発売)に掲載されたもので、堀江氏の意見をもとに編集・再構成したものです。


●関連サイト
堀江貴文オフィシャルブログ
『六本木で働いていた元社長のアメブロ』

週刊アスキーはNewsstandでも配信中!
Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking