2013年11月14日14時00分

Mavericksカスタマイズ:メニューバーをハッキリ表示させたい!|Mac

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 みなさん、こんにちは。MacPeople編集部、元編集長の吉田でございます。短期集中連載の20回目も引き続き、デスクトップ関連のカスタマイズ方法を紹介します。

 Macは、1984年にリリースされた初代Macから、メニューバーは一貫してデスクトップの上部に固定されています。開いたウィンドウごとにメニューバーを備えるWindowsと決定的に異なる部分ですね。アップルマークはモノクロから6色、カラー、そしてモノトーンに色みは変わっていますが、製品版では定位置の左上から外れたことは一度もありません。

 ちなみに、2000年9月にリリースされたOS XのPublic Beta版では、なんとメニューバーの中央に配置され、ただの飾りになっていました。しかし、評判がかなり悪かったようで、製品版のOS X 10,0では定位置に戻りました。

Menubar

 MavericksのメニューバーはMountain Lionと同様にグレーの半透明となっており、設定したデスクトップピクチャーが透けて見えるようになっています。

 OS Xに付属するデスクトップピクチャーであれば、半透明でも気になりませんが、自分で撮った写真などを設定する場合はメニューバーと色が干渉して視認性が落ちることがあります。またRetinaモデルを除くIPS液晶ではないMacBookシリーズは視野角が狭いため、半透明のメニューバーだと各種メニューの文字が角度によっては見えづらいと感じるかもしれません。

Customize_General

 そんなときは「システム環境設定」の変更を変更します。

Menubar

 今回は、「デスクトップとスクリーンセーバ」パネルを使います。前置きが長かったですが、この画面の下部にある「半透明メニューバー」のチェックを外せばOKです。

Menubar
Menubar

 メニューバーが透過せずにグレーのマットな感じになりますね。

Menubar
Menubar
Menubar

 なお、Mavericksではアップルのウェブサイトなどでおなじみの「Waves」を始め、計9枚のデスクトップピクチャが新たに追加されています。

 さて、MacPeople 12月号は、OS X Mavericksだけでなんと150ページ超もの特集記事を気合いだけで作り上げました。とにかく、MacPeople編集部が全身全霊をかけて制作した渾身の1冊です。これさえ買えば、Mavericksを乗りこなせるはずです。

12月号はMavericks超特大号
MacPeople12月号
Amazonで購入は表紙をクリック

【MacPeopleデジタル版をNewsstandでも配信中!】
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円で読めます

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking